FC2ブログ
ブログパーツ
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪07月   2019年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
PCの大掃除
 今年も暑くなりそうですが、暑さに備えて、パソコンの大掃除をしてみました。
 暫く涼しい日が続いていましたが、ここ数日の気温の上昇はきついです。 パソコンも昼間の一番暑い時には、HDDの温度が50度を超えて警報を出す様になってきました。 そんなんで、冬の間から暫く放っておいたパソコンの内部の大掃除をやってみました。

190621_pc_oosouji_01.jpg

 メインパソコン、サブパソコン、HROパソコン、予備のパソコンと、順番に開けていきましたが、内部は凄い埃です。 特にFANの周りはおびただしい埃で、メッシュや放熱版が目詰まりしています。 これでは、FANが回っても風通しが悪いですよね。 CPUだけでなく、筐体内の他の機器にも風が回っていきませんね。 そんなんで、掃除機と使い古しのブラシで、埃を丁寧に吸い取っていきます。 何時間か掛かって、やっと綺麗になりました。 少なくとも昨年の夏以来掃除していませんからね。

190621_pc_oosouji_02.jpg

 掃除のついでに、前から気になっていた、前面パネルのUSB端子の様子をチェックしてみました。 どうも、USBの動作が時々おかしいのです。 前面パネルを外して、USBのコネクタが付いている基板を引き出してみましたら、一目で問題が分りました。

190621_pc_oosouji_03.jpg

 コネクタがグラグラしているので、触ってみたら、コネクタの筐体に当る金属を固定する半田部分が、挿抜時の力でズボズボになっています。 これじゃあ、動作がおかしいのは当たり前ですね。 基板の裏表を見ますと、両面基板になっていますが、半田面側だけに半田が付いていて、部品面側のランドには半田が付いていません。 両面基板でランドも両面にあるのですが、おそらくはスルーホールのない基板ではないかと思います。 そんな基板をリフロー炉で流す時に、片面だけしか半田が乗らなかったのでしょうね。 と言うか、コストダウンの為、最初から片面だけしか半田付けするつもりは無かったのかも? 片面の半田だけではUSBコネクタの挿抜時の力を受け止めることは出来なかったみたいですね。 半田面のクラック部分に追い半田をすると共に、部品面側のランドにも半田を盛って、コネクタの金属部分をガッチリ固定しておきました。 これで大丈夫だと思います。

190621_pc_oosouji_04.jpg

 さて、そんなんで、パソコンの筐体内部の掃除も終わり、沢山あって、ややこしい、背面のコネクタへのケーブル接続も元に戻し、各筐体を元の位置に戻しました。 もう、いずれも古いパソコンで、そろそろ寿命という感じの物ばかりです。 新しいパソコンの方が省電力になっているのでしょうが、壊れない限りは、なかなか買い直すという行動には移れませんね。 まあ、時々「パソコンの調子が悪いなぁ~、そろそろ寿命かな。」などと、さりげなく独り言を言って、密かにアピール(誰に?)はしているのですがね。

190621_pc_oosouji_05.jpg

 と言う事で、各パソコンの筐体内の埃を掃除して、一晩、動かしてみましたが、前日までよりは、少し温度に余裕がでたようです。 これで、今年の夏は乗り切れるかな?

190621_pc_oosouji_06.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .