FC2ブログ
ブログパーツ
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪07月   2019年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
Windows On Arm64 (Raspberry Pi)・その3
 昨日の続きです。 もしやと思って、ビルドの一つ古い物で、再度、試してみました。
 isoイメージは17134.191になります。 ビルドで言えば1803になるみたいです。 公式リリース版で言えば、1809の一つ前になるのでしょうかね。 ダウンロード場所は前と同じで、選択肢の中からビルド1803のarm64版を選択します。

190220_windows_on_arm64_36.jpg

 ついでに、ネットで見つけた、別のインストーラを使ってみました。(結局、インストーラの方は関係なかったみたいです) ダウンロード・解凍して、WoA.Installer.for.raspberry.Piフォルダにある、Installer.Raspberry.Application.exeを起動します。(念のため、管理者モードで)

190220_windows_on_arm64_37.jpg

 WoA Installer for Raspberry Pi の画面が出てくると、まず、タイトルのAdvancedをクリックします。

190220_windows_on_arm64_38.jpg

 次の画面で、Import Core Packageをクリックして、Core Package 1.3.0 (with MCCI's USB).zipをインポートします。 Core Package 1.3.0 (with MCCI's USB).zipは予め、こちらからダウンロードしておきます。 バージョンは幾つかありますが、取り敢えず、1.3.0を選択しておきました。

190220_windows_on_arm64_39.jpg

 続いて、タイトルのWindows Deploymentをクリックして元の画面に戻ります。 この画面で、SDカードの選択と、isoイメージファイルの指定をします。 install.wimに関しては、isoイメージファイルをダブルクリックすると、Windowsファイルシステムにマウントされるみたいなので、マウントされたドライブのsourceフォルダの下に有るみたいです。 これで、準備完了したみたいなので、書き込みを開始します。 前に使ったインストーラに比べて、ブートマネージャの指定が不要になっていますね。 ブートマネージャのバージョンにこだわる人は、前に使った方のインストーラを使う必要があるようです。

190220_windows_on_arm64_40.jpg

 こちらのインストーラでもSDカードへの書き込みにはかなり時間が掛かります。

190220_windows_on_arm64_41.jpg

 やっと、書き込みが完了しました。

190220_windows_on_arm64_42.jpg

 早速、SDカードをRaspberry Pi 3B+に差し込んで起動してみます。 UEFIブートマネージャの設定などは前と同じで、最初はUEFIシェルが起動しますので、ブート順番を変更してから起動し直します。 そのあと、USBケーブルを引き抜いておくみたいです。 で、今回は、前回よりもちょっと違って、「行けるかも?」と言う雰囲気が出ています。

190220_windows_on_arm64_43.jpg

 おお、前に進みましたね。 これは行けそう。

190220_windows_on_arm64_44.jpg

 更に、どんどん、前に進んでくれます。

190220_windows_on_arm64_45.jpg

 やっと、設定画面が出てきました。 ここからはKBとマウスが必要ですので、USBに差し込んで作業を継続します。

190220_windows_on_arm64_46.jpg

 「何故ですか?」と聞かれても、私は知りません。 勝手に動いてますので。

190220_windows_on_arm64_47.jpg

 なんか、先ほど、纏めて設定したはずなのに、また、個別に聞いてきた。

190220_windows_on_arm64_48.jpg

 これも、先ほど設定した様な。

190220_windows_on_arm64_49.jpg

 結構、しつこく聞いてきます。 動作が遅いだけに、ちょっと苛つきますが、我慢して前に進めます。

190220_windows_on_arm64_50.jpg

 「問題が発生しました」って、何度か出ますが、かまわずに前に進めます。

190220_windows_on_arm64_51.jpg

 おお、ここまで辿り着いた。 何だか、雰囲気が出てきました。

190220_windows_on_arm64_52.jpg

 ここからは、通常の設定でもやった覚えが。

190220_windows_on_arm64_53.jpg

 動作が遅いので、パスワードを間違えない様に、ゆっくり、確実に、入力していきます。

190220_windows_on_arm64_54.jpg

 セキュリティの質問も、入力した文字を確認しながら、動作速度に合わせてゆっくり確認しながら入力していきます。

190220_windows_on_arm64_55.jpg

 Cortanaさんは、取り敢えずパスで。

190220_windows_on_arm64_56.jpg

 プライバシー設定も、全部、「いいえ」で。 ネットワーク繋がっていないので、設定しても意味がない様な気が。

190220_windows_on_arm64_57.jpg

 このエラーメッセージも良く出るけど、暫く放っておけば、リブートされる。

190220_windows_on_arm64_58.jpg

 結構な数の設定があったが、やっと、お馴染みの画面が出てきました。 「もっさり」した動きなので、余計疲れますね。 まあ、でも、あの小さなRaspberry Pi とSDカードだけで、Windows デスクトップが起動しましたね。 

190220_windows_on_arm64_59.jpg

 ロック画面も同じように出ます。 ネットワークは最初から繋がっていないようです。 取り敢えず、各種アプリの確認はこれからですが、Windows 10の枠組みだけは動いたみたいです。

190220_windows_on_arm64_60.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .