FC2ブログ
ブログパーツ
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪07月   2019年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
Windows On Arm64 (Raspberry Pi)
 今やポピュラーになってきたRaspberry Pi 上でWindows 10 デスクトップが動くようですので、早速、試してみました。
 以前に、キャラクタベースのIoT用のWindowsがRaspberry Pi 用にリリースされましたが、今回は、正真正銘のWindowsデスクトップが、Raspberry Pi だけで走るようです。 まだ、テスト段階のようですが、面白そうなので、早速、試した見ました。 ところが、流石に、まだ試験段階なので、色々、手続きがややこしいのと、処理に、えらく時間が掛かります。 なかなか応答が無いのを、じっと堪えて待っておく必要があります。 まあ、Windows も最初の頃は、フロッピィを20枚ぐらい差し替えてインストールしていた頃も有りましたので、Windows とは、それだけ複雑なシステムなんでしょうかね。

 まずは、こちらより、Windows 10 ARM64版のISOイメージ作成ツールをダウンロードしておきます。 幾つか選択肢がありますが、それらを選択してから、右側のリンクよりダウンロードします。 Windows 10 のビルドは最新ビルドの1809を選択しておきました。(じつは、これが、後ほど問題を起こしたみたいですが)

190218_windows_on_arm64_01.jpg

 ダウンロードした、Windows 10 ARM64版のISOイメージ作成ツールを、パソコンのWindows上のコマンドプロンプトまたはPowerShellで実行します。 私はPowerShellで実行してみました。 これには、かなり時間が掛かりますが、じっと待つしか有りませんね。

190218_windows_on_arm64_02.jpg
190218_windows_on_arm64_03.jpg
190218_windows_on_arm64_04.jpg
190218_windows_on_arm64_05.jpg
190218_windows_on_arm64_06.jpg
190218_windows_on_arm64_07.jpg
190218_windows_on_arm64_08.jpg

 処理が終わるまで、結構な時間が掛かります。 我が家の場合、2時間近く掛かりました。 出来上がったisoファイルは、5.4GBほどあり、Windows 10 ARM64版のISOイメージ作成ツールと同じフォルダに作成されるようですので、余裕のあるフォルダで実行した方が良さそうです。

190218_windows_on_arm64_09.jpg

 続いて、こちらより、Windows on Raspberry Imager(isoファイルの書き込みツール) とWindows device drivers(ドライバ類) をダウンロードしておきます。

190218_windows_on_arm64_10.jpg

 更に、こちらより、UEFIファーム(ブートマネージャ)をダウンロードしておきます。

190218_windows_on_arm64_11.jpg

 続いて、先ほどダウンロードしたWindows on Raspberry Imager(isoファイルの書き込みツール)を解凍し、WoR_Release1.0フォルダにある、WoR.exeを管理者権限で起動します。

190218_windows_on_arm64_12.jpg

 そうすると、Windows on Raspberry Imager(isoファイルの書き込みツール)が起動されます。 なお、この時、Raspberry Pi用のマイクロSDカードをパソコンに差込んでおきます。 マイクロSDカードはフォーマットしていなくても良さそうですが、私は念のためフォーマットしておきました。 容量は8GB以上であれば良いようです。 私は手元にあった32GBの物を使ってみました。 速度はなるべく早い方が良さそうです。

190218_windows_on_arm64_13.jpg

 まずはSDカードを選択します。

190218_windows_on_arm64_14.jpg

 続いて、先ほど作成した、isoファイルを指定します。

190218_windows_on_arm64_15.jpg

 更に、ドライバを指定します。それはzipファイルを指定するみたいです。

190218_windows_on_arm64_16.jpg

 そして最後にダウンロードしたUEFIファームのzipファイルを解凍して、RaspberryPiPkg-master\Binary\prebuilt\フォルダにあるファーム一覧から好みの物を選びます。 私は最新版を選択しました。 実際に選択するのは、更に下のフォルダにある2019Jan16-GCC5\RELEASE\RPI_EFI.fdと言うファイルみたいです。

190218_windows_on_arm64_17.jpg

 最後に、残りの設定を完了させておきます。

190218_windows_on_arm64_18.jpg

 ここまで来て、やっと、SDカードの書き込みが始まりました。

190218_windows_on_arm64_19.jpg

 SDカードの書き込みにはかなりの時間が掛かります。 SDカードの容量や書き込み速度にも依りますが、2~4時間ぐらいは掛かるみたいです。

190218_windows_on_arm64_20.jpg

 と言う事で、ここまでにかなり時間が掛かって仕舞いました。 ちょっと長くなったので、続きは、次回にと言う事にします。
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .