FC2ブログ
ブログパーツ
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪07月   2019年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
 応急的に余っていたACアダプタで急場を凌ぎましたが、恒久的に使えるUSB電源として、多端子出力の装置を作るかな? なんて考えていましたら、良い物を見つけました。
 まさに、考えていた物にピッタリの物です。 6ポート出力で、それぞれのポートが最大2.4Aまで使えて、トータルで最大60Wというアダプタを見つけました。 今まで、余り気にしていなかっただけなのかも知れませんが、こんな物があるのですね。 やっぱり、世の中、同じ様な事を考えている人がいるようです。 しかも、このACアダプタ、直接ACコンセントが出ているのではなくACケーブルで電源供給になっています。 直接プラグタイプのACアダプタは、短時間使用や急場の時は良いのですが、定常的に使うとなると、結構、邪魔なのです。 その点、ACケーブルタイプであれば色々と融通が利きます。

 と言う事で、使い易そうなので、纏めて2個手に入れてみました。 自分で作るとなると、ちょっとした手間ですし、こんなにコンパクトには仕上がりませんからね。 一つは、サーバなどの固定的に使う物として、バックヤードに設置。 もう一つは、実験用に机上でのUSB電源供給用に使うつもりです。

190129_server_down_12.jpg

 大きさは、RasPiをケースに入れた物とほぼ同じ。 一緒にマジックバンドで纏めておけば、机上も散らかりません。(散らからないとなると、余計に、ケース組み上げが遅れて、机上に放置のままになりますが。)

190129_server_down_13.jpg

 まだ、稼働時間は少ないですが、RasPiやArduino 、ESP8266やESP32を一杯繋いでも、電圧低下する事はありません。 Webサーバーや中間サーバーも安定して動作しているようです。 いままで、適当なACアダプタで動作させていましたが、本来、容量に余裕のあるこうした電源を最初から使わないとまずいのでしょうね。 特にRasPi関係は結構電流が流れますからね。

 と言う事で、今まで使っていたACアダプタは退役・予備に回り、壊れて開腹したACアダプタは廃棄方向で決定ですね。 これで、サーバーダウンに関わる、ACアダプタ問題も収束方向だと思います。

190129_server_down_14.jpg
コメント
この記事へのコメント
Re: なるほど
ご購読ありがとうございます。
ACアダプタ、場所取りますよね。
2019/01/29(火) 16:27 | URL | Taka (ja2grc) #-[編集]
なるほど
ほぼ毎日見させていただいています。
今までは専用アダプタだからと信用して使用していましたが納得しますね。このタイプはいずれもコンセントの占有率が高くて隣が使えなく不満足でした。考えさせられました。
2019/01/29(火) 15:29 | URL | 達五郎 #dcfmvBNE[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .