FC2ブログ
ブログパーツ
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪07月   2019年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
KH1/KH7Z
 いよいよ始まりましたね。 FT8で本格的に運用される初めての大規模ペディション。(日本語サイト)
 何度かテストは有りましたが、実際に使用されるのは初めてのFT8の DXpedition Mode 。 QRG周波数が特設サイトに表示されていますので、各バンド、WSJT-XのQRG周波数は通常の周波数と違いますので、確実に設定しておく必要があります。 その他、特設サイトのこちらに、設定上の注意事項が纏めてありますので、一通り読んで、幾つか、通常モードとは違いのある設定がありますので、間違いないように設定しておくと良いと思います。

180630_kh1_kh7z_01.jpg

 我が家でワッチした限り、割とスムーズに捌けて居るみたいです。 先日、KANHAMのリハーサルでやった事が、お空で実演されているのを眺めるのは「なかなかの物」です。 5波出ているはずのFOX側のデコードが3波しかデコードできないとか、受信周波数枠への表示がもう一つと言った症状は有りましたが、まずまず順調に進んでいる感じです。

180630_kh1_kh7z_02.jpg

 所で、別にFT8に限った訳ではありませんが、CQのエリア指定は守って欲しいですね。 他のモードだと、「おこぼれ」でリターンがある場合もあるかも知れませんが、FT8の場合は、エリア指定のCQを出すと、指定エリア以外からのコールはデコード枠に表示されませんので、「絶対に」応答はありません。 従って、時間と労力と電気の無駄で、QRMを増やすだけです。

180630_kh1_kh7z_03.jpg

 Fox側でエリア指定CQを出す時は、このメニューから選択します。 そうすると、このエリア以外のプリフィックスはフィルタが掛かって、デコード枠に表示されません。 指定エリア外からのコールは全くの無駄骨です。

180630_kh1_kh7z_04.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .