FC2ブログ
ブログパーツ
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪11月   2018年12月   01月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
KANHAM 準備・その6
 こちらの続きです。 出来上がったパッシブミキサー・スプリッターを使って接続テストをやってみました。
 パッシブミキサー・スプリッターは一応テスターを使って導通確認はしておいたのですが、実際に繋いでテストしてみないと何ともね。 と言う事で、まずはWaveGen(信号発生用アプリ)とWaveSpectra(信号確認用アプリ)を使って動作確認。

 ミキサー側のテストでは、挿入損失が-39dB程有ります。 まあ、アンプ無しなのでこんな物でしょうかね。 パソコンのオーディオ入力は感度がよいし、オーディオ出力は結構なレベルなので、これだけ損失があっても問題ないと思います。 60Hzのハムを拾っていますが、接続していないケーブルがオープンだったからなのか、それとも、百均のスピーカー接続用のケーブルだったので、シールドがいい加減なのか、いずれにしてもwsjtxで使う場合は、対象外の周波数なので問題ないと思います。

180615_kanham2018_18.jpg

 スプリッターの方もほぼ同じぐらいの挿入損失が有るようですが、こちらも問題ないと思います。

180615_kanham2018_19.jpg

 さて、接続テストをやる為には、パソコンが親機に1台と、子機に4台の合計5台が必要です。 眠っている(もとい、壊れかけている)デスクトップやノートPCを掻き集めて、何とか準備。 しかし、久しぶりに電源を入れたノートパソコンは、本当に壊れているのかと思うほど、全然動きません。 で、良く見たら、Windows Update のダウンロードに掛かりっきりで、通常のアプリの動作が極端に遅い見たい。 諦めて、ここはWindows Updateを優先、とにかく、更新が終わるまで待つ事に。 更に、久しぶりとは関係ないと思うけれど、WiFi接続の調子が悪い。 何度か接続し直して、やっと調子が出てきた。(汗)

180615_kanham2018_20.jpg

 更にwsjyxもだいぶ前のバージョンなので、こちらも最新のバージョンに更新。 取り敢えず、ここまで結構な時間が掛かったけど、ロートル・パソコンも一応、これで最新バージョンに。 何とかテストできる状態までなりました。

180615_kanham2018_21.jpg

 更に、久しぶりで、時間がずれているのか、上手くデコードしません。 こちらも時刻補正アプリを触ってみて、正確な時刻に補正。 やっとデコード開始し始めました。 そう言えば、我が家のパソコンは、自宅内のNTPに同期させるようにしているので、KANHAM会場での運用はどうしようかな? 先日作ったGPS_Timerを使うか、しかし、5台分必要だからなぁ~。 WiFi環境を持っていって、NTPサーバーを立ち上げるか? どうするか? これも課題だな。

180615_kanham2018_22.jpg

 こちらの画面の小さなノートPCは先日の勉強会で電源を入れているので、時間のずれも少なく、ちゃんとデコードを始めました。 画面が小さいので、画面一杯一杯ですけどね。

180615_kanham2018_23.jpg

 そして、全体写真の手前の方に写り込んでいる、この謎の端末。 これも、ちゃんと動いているようです。 この端末もKANHAMに持ち込む予定です。

 と言う事で、一応、パッシブミキサー・スプリッターの動作確認は出来ましたが、時刻補正用のNTPサーバーをどうするかという課題も明確になってきました。 まあ、こんなのは実際に繋いでみないと気がつきませんでしたね。 しかも、運がよい事に、暫く動作させてなかった時刻の狂っているパソコンでテストしたのがラッキーでしたね。

180615_kanham2018_24.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ.