FC2ブログ
ブログパーツ
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪08月   2018年09月   10月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
RasPiのWiFiドングル・RTL-SDR
 中間サーバーへのRasPi-無印適用も上手く動いているようなので、次のステップに取りかかる事にします。
 次は、何度か動かした事はありますが、いずれもバラック動作で、形として纏まっていないRTL-SDRを形として纏めておく事にしようかと思います。

 取り敢えず、RTLドングルをRasPiに挿して動作させてみる事にしますが、OSのバージョンも変わっていたり、アプリ側も随分改訂されているようでなかなかスムーズには行きません。

180601_raspi_wifi_dongle_33.jpg

 以前は、ドライバや個別のアプリをそれぞれ別々にインストールしていかなければならなかったのですが、最近では、PiAwareという一つのパッケージになっていて、これをインストールすれば、ドライバからRTL-SDR関連のアプリ・コマンドやdump1090関連のツールも纏めてインストールされるようです。 今まで、それぞれmakeしたりして、その度に、モジュール間のバージョンが合わなかったり、モジュールの名前が変わっていたりと、結構面倒だったのですが、一発でインストールは完了します。

180601_raspi_wifi_dongle_34.jpg

 コマンドによるFMラジオも問題なく動いているようです。

180601_raspi_wifi_dongle_35.jpg

 TCP経由のSDRも上手く立ち上がっています。 ただ、やっぱり、結構電源を食うようで、USB-HUBからの電源供給では動作が不安定です。

180601_raspi_wifi_dongle_36.jpg

 あと、SDR#をダウンロードしようとしたら、何故か、どのサイトも、AIR-SPYのサイトにリンクされているみたいですね。 今は、このサイトから供給されているようです。 AIRSPYに特化した設定が最初に来るようになっていますが、それ以外の従来の様な設定も出来るようになっています。 で、供給元で、ちょっと戸惑いましたが、インストールや動作は問題ないようです。

180601_raspi_wifi_dongle_37.jpg

 さて、こうやってIQ信号までを、RTL-ドングル+RasPIでやって、ネット経由でパソコンに取り込みSDRの処理はパソコンでやらせるようになると、結構データのやりとりがあるようで、それに伴って、電源供給も不安定になって、頻繁にハングアップします。 電源をUSB-HUBからの供給をやめて、電源アダプタ形式のUSB電源から供給するようにしてみたら、ハングアップする事はなくなりました。 ただ、ネットアクセスは結構多いようで、ビデオを見ながら、SDR#を動かすと、ルーターがおかしくなっていました。 このネットワークのトラフィックが原因かどうかは分かりませんが、ルーターが動かなくなっていたようです。 朝まで気がつかなくて、朝になってから再起動させました。 原因を確認したいのですが、ネットが止まると困るので、テスト方法を考えてやらないと駄目なようです。

180601_raspi_wifi_dongle_38.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ.