FC2ブログ
ブログパーツ
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪07月   2019年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
近江八幡散歩
 近江八幡の娘の所に行っていました。
 天気も良かったし、ちょうど時間が出来たので、近江八幡市内を歩いてみました。

 近くに見えている、こんもりした山が前から気になっていました。 八幡山というみたいで、上まで登れば景色が良いみたいです。 見た感じそれ程大きな山ではありませんが、ロープウエーも付いているみたいです。 で、そんなに距離はないだろうと思って、娘の家からテクテクと歩き始めましたが、結構距離があります。 それに、JR近江八幡の駅からは離れる方向なので、田んぼの中を歩いていくのかと思っていましたが、それは大きな思い違いでした。 どうも、この八幡山の辺りが旧市街で、古い路地や古い街並みが続いています。 むしろ、JR近江八幡駅の辺りは新市街というか、元々の街の中心部ではなかったようですね。 全然思い違いをしていました。 まさか、こんな明治時代調の建物が有るとは思っても見ませんでした。 で、後から分かった事ですが、この町は安土城が落城した後、秀吉・秀次によって作られた八幡山城の城下町だったようですね。 この八幡山とその麓に作られた掘り割りを運河として活用し栄えた古い街なんですね。 安土桃山時代から有る古い街なんですね。 そして近代に至っても「近江商人」の活躍があったみたいですね。

180524_oumihachiman_sanpo_01.jpg
180524_oumihachiman_sanpo_02.jpg

 そんなんで、何の予備知識もなく歩いてきましたので、この参道を見て、こんなに大きな神社だとは思いませんでした。 本殿はかなり奥のようです。 途中にお土産屋さんや食べ物屋さんが沢山並んでいます。 ちょっとした門前町ですね。

180524_oumihachiman_sanpo_03.jpg

 琵琶湖まで繋がる掘り割りですね。 八幡山城とその城下町を守る「お堀」の役割と、琵琶湖を利用した海(水)運の役割と、両面を備えていたようです。 この海(水)運が城下町の繁栄を支えていたようです。

180524_oumihachiman_sanpo_04.jpg
180524_oumihachiman_sanpo_05.jpg

 八幡堀を越えて歩いていくと参道脇がずっと駐車場になっています。 こんなに車が来るのかと思っていましたが、休日には観光バスも含めて入りきれないほどになるそうです。 やがて大きな門が見えてきます。 お寺の三門のような感じで、両脇には像も有りますが、入り口に鳥居もありましたし、ここは間違いなく神社だそうです。 なんか、ごちゃ混ぜになっている感じもしますが。 安土桃山時代より前って、案外、ごちゃ混ぜだったのかも知れませんね。 先日の奈良の春日大社も何だかごちゃ混ぜだったような気がします。 きっちり分かれたのは、江戸・明治時代からなのかも知れませんね。

180524_oumihachiman_sanpo_06.jpg

 楼門をくぐって中にはいるとかなり広い境内です。 奥の方に拝殿があります。

180524_oumihachiman_sanpo_07.jpg

 境内の右側で何故か植木展が行われていました。

180524_oumihachiman_sanpo_08.jpg

 拝殿の脇の階段を上っていくと、拝殿の奥側に本殿が有りました。 かなり古い造りですね。

180524_oumihachiman_sanpo_09.jpg

 さて、神社を参拝して更に進むと、神社の隣にロープウエーの駅が有りました。 良くこんな所にロープウエーを作りましたね。 まあ、でも、そこそこ流行っているようです。

180524_oumihachiman_sanpo_10.jpg

 そうこうしていたら、ゴンドラが下りてきました。 直ぐ目の前の手の届くような位置を通っていきます。 近くで見ると結構大きいですね。 バス一台分ぐらいの人数が乗れそうです。

180524_oumihachiman_sanpo_11.jpg

 これで上れば5分ほどで頂上まで行けるみたいですが、そろそろ最終便みたいだったし、やっぱり歩いて上りたいですからね。 取り敢えず眺めるだけにしておきました。 時間もなかったし、登り口が見つかりませんでしたのでね。 上まで登るとなると、時間的に余裕のある時じゃないとちょっと難しそうです。

180524_oumihachiman_sanpo_12.jpg

 で、時間がないので、ここまで確認して戻る事にしましたが、八幡堀の水郷巡りも面白そうですね。 これも、時間が無いと無理そうです。

180524_oumihachiman_sanpo_13.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .