FC2ブログ
ブログパーツ
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪07月   2019年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
Arduino OTA・その5
 こちらの続きです。
 上手く行ったと思ったのですが、まだ、時々おかしくなります。 その原因が良く分かりません。

 確とした症状と原因の関係は分かりませんが、気がついた状況を羅列すると以下のような感じです。

・ Basic OTAサンプルは比較的上手く動く。
・ 追加スケッチを入れると、上手く行く時と、行かない時が出てくる。
・ 固定IPにすると上手く動かないようだ。 DHCPじゃないと駄目なのか?
・ 一度、上手く行かなくなると、暫く復帰しない感じがする。 ヒステリシスが有るのか?

 てな感じで、良く分からない状況のままです。 ネットを調べても、OTAに関する情報は、比較的少ないようです。 そんな中で、こちらの情報が網羅的に解説されていて、「確実そう」なので、こちらの情報を基に色々触ってみました。

 まず上手く行かない時にシリアルポートからエラーメッセージが出てくるそうです。 その他、有用なメッセージもシリアルポートからはき出されているようです。 ただ、Arduino IDEでOTAを使う場合は、IP接続になってシリアルモニタは使えません。 で、このネット情報が役に立ちました。 Arduino IDEのシリアルモニタは使えませんが、ESP8266のシリアルポートは生きているみたいで、別のシリアルモニタを使えばシリアルポートからはき出されてくるメッセージをモニタする事が出来るようです。 この説明ではTermiteという軽量のシリアル端末エミュレータが紹介されていましたので、これを使ってみました。

180520_arduino_ota_15.jpg

 最初はTermiteって特別なアプリなのかと思っていましたが、特別な物ではなく、通常のシリアル端末シミュレータのようです。

180520_arduino_ota_16.jpg

 で、早速、このTermiteを繋いで、早速、試してみましたが、なぜか、急にエラーが出なくなってしまって、正常にアップロードできるようになってしまいました。 何が違うんだろう?

180520_arduino_ota_17.jpg

 Termiteでモニタしているシリアルポートの出力も正常に終了しているようです。 メッセージの意味は良く分かりませんが、エラーの時は他のメッセージが出るようです。

180520_arduino_ota_18.jpg

 なお、このシリアル端末を繋いでおけば、通常の動作時でも、シリアルポート経由ではき出しているメッセージをモニタする事が出来るようです。 Arduino IDEのシリアルモニタが使えなくなる時はこれを使えばよいようですね。

180520_arduino_ota_19.jpg

 初めの方でも記述しましたが、このシリアルモニタは別にTermiteに限った物ではなく、通常のシリアル端末エミュレータで有れば問題なく使えるようです。 お馴染みのTera Termをシリアルモードで動かせば、同じように使えるみたいです。

 で、OTAの時でもシリアルモニタが使えるようになって、少しは便利になったのですが、相変わらずOTA自体は不安定です。 動いてみたり動かなくなったり。 未だに原因と対策が良く分かりません。 まあ、暫く様子を眺めてみる事にします。

180520_arduino_ota_20.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .