FC2ブログ
ブログパーツ
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪07月   2019年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
RasPiのWiFiドングル・その後
 こちらの続きです。
 どうも、上手く行きそうな雰囲気になってきて、使い損ねていたRasPi-無印の活用に光明が見えてきました。 ただ、「糠喜び」ではまずいので、その後、連続運転を続けて、問題が無い事を確認していました。 特に何をやるでもなく、結果を「じぃ~っ」と確認するだけです。

 Muninのwlan0の記録を見ていると、この一週間程、止まっている事はないようです。 しかし、結構通信しているように見えますが、これは、センサーデータではなく、他のデータの様です。 何をやっているのでしょうかね? NTPが動いているはずなので、その通信をたまにやっているでしょうね。 あと、sambaがうごいているので、Windowsから確認すると、データのやりとりはあるはずですね。

180518_raspi_wifi_dongle_11.jpg

 測定データの記録はこの一週間程、特に問題なく続いているようです。 測定データは機械的に発生させたノコギリ波状のデータなんですが、安定して取り込んでいるようです。

180518_raspi_wifi_dongle_12.jpg

 時々、sshで繋いでみていますが、確実に繋がっているようです。 以前は、一日ほど経つと、繋がらなくなっていましたので、改善されているのは間違いなさそうです。

180518_raspi_wifi_dongle_13.jpg

 sambaで繋がっているWindowsからのアクセスも、問題なく繋がっているようです。 こちらも以前は、一日ほど経つと繋がらなくなる事が多かったですからね。

180518_raspi_wifi_dongle_14.jpg

 今回、採り入れた、一時間ごとに、一旦、wlan0を切断して、ふたたび、wlan0を接続するという操作も、ずっとログを取ってみていますが、問題なく実行されているようです。 これ、結構、ログが溜まってくるので、実運用の時はログ無しにしていた方が良さそうです。

 さて、これで、ほぼ、大丈夫そうなので、いずれ、機会があったら、今のRasPi-3の中間サーバーを、RasPi-無印に切り替えたいと思います。

180518_raspi_wifi_dongle_15.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .