FC2ブログ
ブログパーツ
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪07月   2019年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
平城京散策
 昨日は、久しぶりに奈良の辺りに出掛けてきました。
 急に夏のような暑さになった奈良の町を歩いてきました。 いつものパートナーと久しぶりに歩こうと言う事だったのですが、久しぶりなので、「軽く」と言う事で、ちょうど、奈良国立博物館で開催されている展示会を見て、その後、平城京まで歩こうという計画で出掛けてみました。

 我が家から奈良までは、車で行く時は比較的便利なのですが、電車でとなると、結構不便です。 一旦、大阪に出て鶴橋経由で近鉄で行くか、京阪で丹波橋まで出て、近鉄京都線で行くかです。 いずれも生駒の山並みを、ぐるりと迂回していくので結構な遠回りです。 で、ルート検索で調べたら、バスでJR松井山手駅まで行って、ここから学研都市線・関西線を乗り継げば、JR一本で行く事が出来るようです。 本数が少ないですが、時間を合わせていけば比較的便利に行く事が出来ます。 今回はこのルートを使って奈良まで行ってみました。

 奈良は意外に我が家と関係があって、娘二人が住んでいた事がありました。 そんなんで、度々訪れた事はあるのですが、娘達が引っ越した後は、とんと、ご無沙汰でした。 久しぶりに訪れたJR奈良駅は高架工事が完了してスマートな駅に生まれ変わっていました。 昔の奈良駅の象徴的な駅舎はそのまま保存されて、現在は観光案内所として活用されているようです。 そう言えば、最近は奈良観光が外国からの観光客に人気なんだそうです。 何と言っても大きな都市の真ん中で、鹿が放し飼いされていて、直に触れ合えるというのは珍しいみたいですね。 もちろん、同じ古都とは言え、京都とは違った趣の古い社寺も観光の目玉ではありますが。

180517_heijyoukyou_sansaku_01.jpg

 興福寺の修復も完了したようですが、今回はこちらには寄りません。

180517_heijyoukyou_sansaku_02.jpg

 今回の目的は、奈良国立博物館で開催されている「国宝 春日大社のすべて」と言う展示会を観覧する事です。 その後、平城京跡まで散策する事です。

 いつものコンビニ弁当ではなく、今回は奈良駅近くのお店で腹を満たして、奈良国立博物館まで商店街を通って向かいます。 JR奈良駅からだと結構な距離があります。 まあ、急ぐ訳でもないので、商店街を見ながらボチボチと歩いていきます。 奈良も京都に劣らず外国からの観光客が多いですね。 あと、鹿が放し飼いされているのは良いのですが、注意して歩いていないと、鹿の糞を踏んづけてしまいます。 そんなんで、暑い中を歩いて国立博物館に到着しました。 混んでいるといけないと思って、途中のコンビニで入場券を予め買っておきましたが、それ程混んでいなくてすんなりと入場できました。 博物館の中はそこそこの人で、まあ、満員という訳ではありませんが、展示物の前をゆっくりと進めるほどの人でした。 春日大社に伝わる古い所蔵物が館内一杯に展示されており、鎧兜から、掛け軸形式の絵画、沢山の仏像、そして沢山の書き物が展示されていました。 絵巻物なんかも意外に綺麗な色遣いがそのまま残っていて結構感動ものでした。 しかし、春日大社って神社だと思うのだけど、展示されている物は仏教系の物が多かったような感じがします。 あの時代の神仏って、結構ごちゃ混ぜだったのかも知れません。

180517_heijyoukyou_sansaku_03.jpg

 2時間半ほど掛かって、ゆっくり展示会を観覧した後は、博物館の前の道を戻って、平城京まで歩いていく事にします。 車の通行が多いので、出来るだけ、一本はずれた道を歩こうと思うのですが、意外に行き止まりになっていて、何度も、元の広い道に戻って歩いていきます。 それ程、距離はないと思っていたのですが、意外に時間が掛かりました。 大きな道を歩いていくのはアスファルトの照り返しがあるし、車の排気ガスもあって、意外にしんどいです。

180517_heijyoukyou_sansaku_04.jpg

 やっと、平城京公園の入り口に到着しました。 かなり広い敷地です。 しかもほとんど建物が建っていない。 目に付くのは、再建された朱雀門と大極殿ぐらいで、良くこんな広大な場所が、手つかずで残っていた物ですね。

180517_heijyoukyou_sansaku_05.jpg

 入り口の案内板から朱雀門まででもかなりの広さがあります。 ここは朱雀大路というみたいです。 なんか、余りに広いので、その広さに圧倒されます。

180517_heijyoukyou_sansaku_06.jpg

 何となく北京の天安門前広場の感じもします。 大極殿の正門前の通りとしての意味と共に、広場としての意味もあったのでしょうね。

180517_heijyoukyou_sansaku_07.jpg

 朱雀門から大極殿までもかなりの距離があります。 その間が、全くの広い空間になっています。 まだ、色々と、再建の為の工事が続いているみたいです。 どこまで再建するつもりなのでしょうかね? この辺りの広い空間には平城宮の官邸に当たる建物が林立していたのでしょうね。

180517_heijyoukyou_sansaku_08.jpg

 大極殿裏のバス停もなかなか洒落た雰囲気を醸し出しています。

180517_heijyoukyou_sansaku_09.jpg

 で、「軽い」つもりが、かなり疲れました。 帰りの近鉄駅前で、軽く「反省会」をやって、家まで帰り着くと、結構な歩数を歩いていました。

180517_heijyoukyou_sansaku_10.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .