FC2ブログ
ブログパーツ
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪07月   2019年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
RasPiのWatchdog・続き
 昨日の続きです。
 昨日は、ハングアップした時のリブート処理を、何とか確認できました。 それと、RasPiのWatchdogの雰囲気も何となく分かってきました。 やっぱり、文章を読むだけでは良く分からないですね。 「文章を読む」→「実際に触ってみる」→「もう一度、文章を読んでみる」って感じが、私には新しい物を理解する最適な方法ですね。 その時サンプルが有れば「もっと良し」。 しかし、今回は一般的なハングアップの事例は幾つか出てくるのですが、それ以外のWatchdogによる監視の事例というのがほとんどありません。 余り、使われていないのですかね?

 このWatchdogに目を付けたのは、色々な事象を監視できる機能がWatchdogには備わっていると言う所でした。 先日来、RasPiで使うWiFi用ドングルが、どうも、1~2日でハングアップしてしまうのです。 このWatchdogにはインターフェースの監視機能が有るみたいですので、これを使ってWiFi用ドングルの動作監視が出来ない物かというのが、今回の始まりです。

180501_raspi_watchdog_08.jpg

 watchdog.confと言う設定ファイルについてのネット上の解説を見てみると、指定したネットワークのトラフィックが無くなれば、Watchdogが検出してリブートが掛かりそうです。 別に手動で、WiFi用ドングルがおかしくなった時、RasPiをリブートすれば回復する事は確認できていますので、これが上手く行けば、RasPiの無印+WiFi用ドングルの組み合わせでも使えるかも知れません。 RasPi-3による中間サーバーは、その後、安定してノンストップで運用できていますが、元々、眠っている無印のRasPiを活用しようと言う事で始めた物なので、やっぱり、RasPi-3ではなくRasPi無印でやりたいですよね。

180501_raspi_watchdog_09.jpg

 で、説明通り、wlan0を監視対象に設定して試してみましたが上手くリブートしません。 何か設定がおかしいのかと見直してみましたが、問題無さそうです。 で、ちょうどMuninが走っていたので、その記録を見てみましたら、なんかトラフィックがゼロに成らずに動いているみたいです。 センサー側の電源を切っていますので、WiFiからのアクセスは無い筈なんですけどね。 何が動いているのだろう?

180501_raspi_watchdog_10.jpg

 watchdog.confのmanを見てもサラリと記述してあるだけです。 設定は問題無さそうだけど、他に動いているWiFiのアプリが有るんだったかな? もう少し調べてみる事にします。 どちらにしても、WiFi用ドングルがおかしくなるまでは、1~2日掛かりますので、その間に調べておく事にします。

180501_raspi_watchdog_11.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .