FC2ブログ
ブログパーツ
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪11月   2018年12月   01月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
munin画像の改善
 Xivelyのパーソナルサービス終了に伴って慌てて差し替えたmunin画像なんですが、もう一つピリッとしない画像です。
 切り替えた時から気にはなっていましたが、Linux上での画像処理について余り知識がなかったので、放置していたのですが、ちょっと時間が出来たので、Linuxの画像処理について調べてみました。

180314_munin_gazou_kaizen_01.jpg

 Linuxの画像処理としてはポピュラーな物としてImageMagickと言うのが有るみたいです。 Magickはスペル間違いではなく、わざと最後に「k」を付けたスペルにして居るみたいです。 この方が「目立つ」からだそうです。 ポピュラーなのでプリインストールされているLinuxディストリビューションも有るみたいですが、我が家のRasPiやPCDUINOにはプリインストールされていませんでした。 プリインストールされていなくても、パッケージが準備されているので簡単にインストールできるみたいです。 そんなんで、早速、インストールして、代表的な実例を見ながら試してみました。 「強調」という例を見ていると、幾つか出ていましたので、実際のmunin画像で試してみました。

180314_munin_gazou_kaizen_02.jpg
180314_munin_gazou_kaizen_03.jpg
180314_munin_gazou_kaizen_04.jpg

 「-equalize」はちょっと強すぎる感じで、「-normalize」辺りが良さそうな感じなので、これでやってみる事にしました。

180314_munin_gazou_kaizen_05.jpg

 ところが、ちょうど良いと思っていた感じの物が、実際に貼りつけてみると、もう一つです。 縮小処理で、強調が半減される感じです。 そうかと言って、「-equalize」ではやっぱり強調しすぎの感じです。 もうちょっと細かいパラメータの設定が必要な感じなのですが、例によって、不慣れなLinuxの世界、パラメータの設定が良く分かりません。 うむ~、これはじっくりと、ImageMagickのコマンドを調べて見なければ駄目なようです。

180314_munin_gazou_kaizen_06.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ.