FC2ブログ
ブログパーツ
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪11月   2018年12月   01月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
オーディオタイマー
 パソコンでオーディオタイマーを作ってみました。
 ネットで調べると、タスクスケジューラと音楽プレイヤーで簡単に実現できるとなっていたのですが、結構、手間取りました。 実は、今まで、タイマー付きのCDコンポで、寝る時はCDを掛けて、スリープタイマーとし、起きる時は、FM放送をタイマーで起動して目覚ましタイマーとしていたのですが、CDのメカの調子がおかしくなって、遂に動かなくなってしまいました。

 で、今更、CDコンポを買い直すのも何だかなぁと言うことで、パソコンオーディオで何とかならないかと調べてみたら、タスクスケジューラと音楽プレイヤーで簡単に実現できるとなってました。 ところが意外に手間取りました。 タスクスケジューラで音楽プレイヤーを起動するのは簡単に出来るのですが、終了させるのが意外に面倒なのです。 私がやりたいのは、有る時間に音楽プレイヤーを起動し、音楽を鳴らして、一定時間後に、音楽を終了させて音楽プレイヤーを正常に終了させたいのです。 こんな簡単な事が意外に面倒みたいです。 音楽ファイルを指定して目覚まし替わりに鳴らすのは比較的簡単みたいですが、フォルダ内の音楽ファイルをランダムで鳴らしながら、これを有る時間に起動させ、別の時間に終了させるのって面倒みたいです。 ネット情報に依れば、コンピュータの歴史で、タスクを起動するというのはよく考えられているけど、タスクを終了させるという考え方自体があまりないみたいです。 従って、タスクスケジューラも、起動の事は考えているけど、終了の事は考えていないみたいです。

 タイマとしてタスクスケジューラを使うのなら、タスク自体、すなわち音楽プレイヤー自体に自分自身を終了させる機能が必要みたいです。 音楽プレイヤーで自分自身を終了させる機能としては、一般的にはスリープ機能なんですが、一般的な音楽プレイヤーでは手動でスリープボタンを押してスリープ機能を有効にする物が多いみたいです。 起動時にスリープ機能を有効にしたまま起動できる物は少ないみたいです。 私が今まで使っていたfoobar2000と言う音楽プレイヤーもプラグインでスリープ機能を付ける事が出来ますが、スリープ機能を有効にしたまま起動する方法が分かりませんでした。 と言う事で、この要望を満たす音楽プレイヤーとしてJetAudioと言うのが有るみたいです。 私は使った事がありませんでしたが、結構、有名な音楽プレイヤーみたいです。 早速インストールして、スリープタイマーの使い方を試してみましたら、何とか使えそうです。

180312_audio_timer_01.jpg

 音楽プレイヤーとしての設定はここでは省略しますが、私の場合は、以下の様な設定にしています。
・ 手持ちのMP3ファイルのあるフォルダを音楽ファイルとして設定しておく。
・ プレイモードは全曲循環、ランダム演奏に設定。
・ レジュームを設定し、次回起動時は前回終了時の順番を守る様に設定。

 あと、基本的にデフォルトのままですが、唯一、タイマーの動作の設定だけは必要です。

180312_audio_timer_02.jpg

 タイマー終了時にJetAudioを終了させる様にします。 この設定が重要です。 これで、終了時の動作が設定されます。

180312_audio_timer_03.jpg

 さて、続いて、タスクスケジューラから起動させるバッチファイルを作成します。 タスクスケジューラで直接パラメータを設定しても良いですが、最初はJetAudioの動作が良く分からなかったので、機能を分離して、バッチファイルで動作を確認した方が分かり易く効率がよいと思います。 テスト時はタイマーを1分にしておけば結果が直ぐに分かります。

180312_audio_timer_04a.jpg

 さて、バッチファイルの動作が確実になったら、タスクスケジューラの設定を行います。 Wakeup用(目覚まし用)とSleep用(寝付き用)を作っておきます。

180312_audio_timer_05.jpg

 起動時刻の設定はこんな感じで、毎日起動する様に設定します。

180312_audio_timer_06.jpg

 起動時に実行する操作をバッチファイルの起動に設定します。 これで、タスクスケジューラからは毎日、設定時刻にバッチファイルが起動されます。 バッチファイルでは音楽プレイヤーがプレイモードで起動され、音楽ファイルが演奏されます。 同時にタイマーが設定され、タイムアップになると音楽プレイヤーが終了されます。

 これで、希望した操作ができる様になりました。 このような設定を、朝の目覚まし用と、夜の就寝用とに設定しておきますと、毎朝、決まった時間に音楽が鳴って、気持ちよい目覚めになります。 夜は同じく、決まった時間に音楽がなって一定時間後に終了します。 今まで、就寝時にスリープタイマーを起動していたのですが、往々にしてダラダラと遅くまで起きている事が多かったのですが、このような一定時間になると音楽が鳴り出す様にしておくと、夜更かしする事もなくキリが良くて好都合です。

 なお、我が家の場合、連続運転のパソコンに設定していますので、パソコンの起動・終了はさせていないのですが、通常のパソコンならば、そうした操作を付け加える必要が有ると思います。

180312_audio_timer_07.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ.