ブログパーツ
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪06月   2018年07月   08月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
GPS Module・その7
 昨日の続きで、今度はGPSドングルの制御コマンドを試してみました。
 GPSドングルの方は、昨日の様な$PUNVコマンドは受け付けないようです。 こちらの方は汎用のアプリであるGPS Viewer と言うアプリのコマンドなら受け付けるようです。 メニューから見てみると、このコマンドはバイナリー形式のコマンドのようです。

180218_gps_module_25.jpg

 早速、シリアルポートを繋いでモニタしてみました。 NMEAフォーマットのデータ選択設定用のコマンドと、伝送速度設定用のコマンドとはNMEA形式のコマンドの様に同じフォーマットを使うのではなく、形式が違うようです。

180218_gps_module_26.jpg

 ネットで調べたらバイナリコマンドの形式についても見つかりました。 NMEAフォーマットのデータの選択と共に、出力の周期も設定できるみたいです。 GPSドングルの$GPGSV文が他のNMEA文と周期が違うのは、$GPGSV文の周期が3に設定してあるのだと思います。 シリアルポートの伝送速度の設定は、別のコマンドになっているようです。

180218_gps_module_27.jpg
180218_gps_module_28.jpg

 さて、早速、シリアルポート用のツールを使って、バイナリコマンドを試してみました。 このツールは、キャラクタベースでの操作以外にバイナリベースでの操作も簡単にできますので、こうした用途には便利です。

180218_gps_module_29.jpg

 $GPRMCだけから複数NMEA文に切り替えたり、また、$GPRMC文だけに戻すコマンドも上手く動いているようです。

180218_gps_module_30.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .