FC2ブログ
ブログパーツ
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪08月   2018年09月   10月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
GPS Module・その4
 だんだん、GPSの仕組みというか、NMEA出力に関する事が分かってきましたので、NMEA出力を触ってみました。
 GPS Module のデフォルト状態では以下の様なNMEAフォーマットの出力が得られています。 GPSドングルと比べて$GPGSV文が毎回出力されているようです。 その他、各NMEA文の出力される順番も違うみたいです。

180215_gps_module_13.jpg

 ちなみに、GPSドングルのデフォルト状態でのNMEA文の出力状況です。 $GPGSV文は3回に1回しか出力されていません。

180215_gps_module_14.jpg

 で、色々触っていくうちに、これらの出力は、設定替え出来る事が分かりました。 分かってしまえば、何てことのない物なんですが、最初はNMEA文自体もよくわかっていませんでしたので、ボーレートの設定を変えた時に見ているはずのこの設定なんですが、気がつきませんでした。 この設定で、ボーレートと同時に出力するNMEA文の選択が出来るみたいです。 NMEA文も色々触っているうちに、少しずつ分かってきて、結局、$GPRMC文に集約された情報が入っているみたいで、今回の応用には時刻情報が入っていれば充分なので、この$GPRMC文だけ有れば良いみたいです。 それに、前の実験で分かった事なんですが、なるべくなら、伝送文は少なくして、同じフォーマットの方が良さそうだと言う事も分かってきたので、$GPRMC文だけ出力する様に設定してみました。 他のNMEA文は衛星の捕捉状況の詳細などのデータなので、今回の応用には必要有りません。 なお、この設定はいつでも元のデフォルトに戻せるようです。

180215_gps_module_15.jpg

 所で、GPS Module では簡単に設定できましたが、同じ事を、GPSドングルでやろうとしたら、上手く設定できません。 色々やってみて、結局、GPSドングルの方の設定は別のプログラムを使わなければ出来ないようです。 どうも、GPS側が受け付ける設定用のコマンド形式が違っているようですね。 GPS ModuleはNMEAフォーマットのコマンドで設定替えするようですが、GPSドングルの方はバイナリフォーマットのコマンドで設定替えするようです。

180215_gps_module_16.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ.