FC2ブログ
ブログパーツ
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪09月   2018年10月   11月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
睡眠アプリ
 新しいスマホにしてから暫く経つのですが、、便利アプリも徐々に揃えていって居ます。
 所で、今日は全国的に見える皆既月食みたいですが、残念ながら天気がもう一つ、朝の内は晴れて居rたのですが、21時頃には曇ってしまうとの予報で残念ですね。 今年は天文イベントが盛りだくさんで、先日の新聞にも特集が組まれていましたね。

 さて、睡眠アプリの件なんですが、前のスマホには最初から「健康生活日記」というアプリがインストールされており、そのアプリの一機能として「睡眠ログ」というのがありました。 「深い眠り」・「浅い眠り」・「いびき」等が記録されて、なかなか面白くて愛用していました。 新しいスマホには、こうしたアプリは入っていません。 ネットで調べてみたら、沢山の睡眠アプリがあります。 概ね、目覚まし時計と連動した物が多く、浅い睡眠の時に目覚ましを鳴らして、「スッキリ」目覚めるという物が多いようです。 更に、睡眠に導入する音楽アプリなどもあるようです。

 で、一番人気が高いと評判の「熟睡アラーム」と言うのをインストールして、何日か試してみました。 流石に評判通り、機能的には問題ないし、感度もまずまずという感じです。 アラームの方は最初から付いている通常の「時計」で充分役に立っていますので、あえて、こちらのアラームの方は使う事はありません。 フリーなので、時々、コマーシャル画面が出てくるのはやむを得ないとして、ここ数日の試用した感じでは、電池がやたらと減ります。 夜寝る時100%なのに朝起きたら、70%を切っています。 少し、朝寝坊をしたりすると、50%ぐらいまでになっている時があります。 前の機種ではそんな事はなかったのになあと思っています。

180131_suimin_apli_01.jpg

 で、早速、電池の減り具合を試してみました。 二つ並べて同時に起動し、朝、同時に終了させてみました所、電池の減り具合は、ちょっと横軸がおかしいですが、こんな感じです。 旧スマホはもう既にだいぶ電池がへたっていて、通常は裏に補充電池を抱かせて使っているのですが、テストですので、本体だけの電池で動作させてみます。 本体だけなら、数時間も持たない状態です。 一方、新スマホは、通常の使い方なら、2日ほどは持つ状態です。 これで見ると、新しスマホと「熟睡アラーム」の組み合わせでは、へたった電池のスマホと「健康生活日記の睡眠ログ」よりも酷い電池の減り方です。 やっぱり電池の減り方は大きいようですね。 アプリを起動する時にも充電ケーブルを繋いで試用して下さいとメッセージが出ます。

 他に類似のアプリで、電池の長持ちする物はないかと調べてみましたが、いずれのアプリも、「使用時は充電ケーブルを繋いで下さい」となっていますので、電池の消費は大きいのでしょうね。

180131_suimin_apli_02.jpg

 で、更に、旧スマホにインストールされている「健康生活日記の睡眠ログ」を調べてみましたら、Google Playからダウンロードできるようです。 ところがダウンロードもインストールも出来るのですが、起動すると動作しません。 どうも機種を選ぶようです。 使うセンサーの問題なのか、あえて、自社以外の機種には使えない様にしているのか? 説明では専用のセンサーが必要となっていますので、ひょっとしたら、このセンサーが低電力なのかも知れません。 あと、「健康生活日記の睡眠ログ」の方は起動して暫くすると画面が消えてしまいますが、「熟睡アラーム」の方は朝まで画面が点いたままです。 この画面を消す事が出来たら、もう少し省電力になるのではないかと思うのですが。 若干、暗くはなりますが、特に画面を着けておく必要は感じないんですけどね。 何故か画面が点いたままになってしまいます。 画面を消す設定も見あたりません。 まあ、充電ケーブルを寝床の近くまで引いておくのも良いですが、旧スマホをこの睡眠アプリだけに割り当てて使うのも悪くはないなと思ったりしています。

180131_suimin_apli_03.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ.