ブログパーツ
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪05月   2018年06月   07月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
MSHV・その3
 こちらの続きです。 MSHVのスタート時間の扱いが分かりました。
 ローカル局からのコメントで、MSHVのログに表示されるスタート時間の扱いが分かりました。(TNX JH3ECA) コメントを頂いて、色々試してみてやっと分かりました。

 メインウインドウの真ん中辺りにある「Txing: 」と言う送信メッセージ表示欄の内容が更新される様な操作、すなわち、Tx1~Tx7のボタンをクリックして、新たなメッセージを選択し、送信動作にはいるか、あるいは、AUTO IS OFF をクリックしてAUTO IS ONにして、自動的な送信モードにするかの方法で操作すると、QSOのスタート時間が更新されるようです。

171125_mshv_10.jpg

 これで、メニューバーのFileからView Log でMSHVのログを見てみると、交信ログのスタート時間はちゃんと変化しているようです。 これで正常ですね。 前回は、交信をしない状態でテストの為にログだけ書き込んでいましたので、時間は変更されずにいた模様です。

171125_mshv_11.jpg

 Logファイルである mshvlog.edim の内容を見ても、上記の操作をした後は、スタート時間もちゃんと吐き出されているようです。

171125_mshv_12.jpg

 これで、スタート時間の取り込みも問題なくなり、取り敢えず、これで行けそうです。

171125_mshv_13.jpg
コメント
この記事へのコメント
Re: タイトルなし
情報ありがとうございます。

終了時間は正しく送られている様なので、ユーザー選択で、スタート時間か、終了時間かどちらかをQSO時間に設定できる様にしておきます。
2017/11/26(日) 12:29 | URL | Taka (ja2grc) #-[編集]
大塚さん、、通常の交信の時間はそれでOKなんですが。。
例えばMSHVを使って画像通信に使うと同じ送信コマンドを送信することが多くなるので
送信スタート時間が変更されません。。
画像通信の送信コマンドですが。。
例えば CQ-IMG JH3ECA の送信コマンドを連続で送ることが多いのです。。
参考までに。。。
2017/11/25(土) 23:48 | URL | JH3ECA #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .