ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪07月   2017年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
テーブルタップ崩壊
 作業机の上で使っているテーブルタップが壊れてしまいました。
 半田ごてや実験中の機械用の電源などを取る為に使っているテーブルタップのスイッチ部分が壊れてしまいました。

 ソケットごとに電源が入り切り出来るように個別にスイッチが付いていて便利なので、もう10年以上は愛用しているものなんですが、ロッカータイプのスイッチを支えているプラスティックが壊れて、中のスイッチレバーの部分と、接点の板金と、バネが飛び出してきました。 スイッチの中を覗くとAC100Vの通電部分がむき出しになっていて怖いです。 2カ所壊れて、もう一カ所も何だかスイッチの具合がおかしくて壊れそうな雰囲気です。

170724_tabletap_broken_01.jpg

 このテーブルタップ、個別にスイッチが付いている事以外にブレーカも付いていて、実験用には便利で気に入っていたのですけど。

170724_tabletap_broken_02.jpg

 早速、バラしてみました。 古い造りなので、タッピングビスが7本も使ってあって、ガッチリ固定されていました。 中を開けてビックリ、各ソケットの接点を構成している板金がそのまま配線にも使われています。 板金を一回で打ち抜きして、ソケットの接触部分は折り曲げて成型しているみたいです。 これなら配線の手間が無く、しかも、安全そうですね。

170724_tabletap_broken_03.jpg

 配線の一番端に当たる所にバリスタらしきものが取り付けてありました。 品番はMOV 391KD14と読めます。 板金構造の部分とは違って、このバリスタの半田付けは雑ですね。 リード線が長いまま切ってありません。

170724_tabletap_broken_04.jpg

 ネットで調べたら、どうも、これみたいですね。 MOVは酸化金属バリスタの略みたいですね。 雷サージなどの異常電圧に対して650V程度にクランプして抑える模様ですね。 AC100Vなんで、P-Pで280V程度有りますので、650Vっていうのは、まあ、こんな物なんでしょうか。

170724_tabletap_broken_05.jpg

 ブレーカ部分は入力側のケーブルが半田付けされてます。 一応、絡めてありますが、やっぱり、ここも半田付けは雑ですね。 伸びたリード線がそのままで処理されていません。

170724_tabletap_broken_06a.jpg

 壊れたスイッチの刻印を虫眼鏡で見てみました。 RF-1001 T85と読めます。

170724_tabletap_broken_07.jpg

 反対側にはRONG FENG CO. LTD.と読めます。

170724_tabletap_broken_08.jpg

 これですね。 この白い方のスイッチみたいです。 しかし、ばら売りはしていないようですね。 問い合わせしてもよいですが、1000個単位ですとか言われたら、ちょっと、無理ですしね。

170724_tabletap_broken_09.jpg

 まあ、取り敢えず、新しいのを手に入れてきたので、しばらくはこれを使う事にします。 壊れたのは復活できるかどうか分かりませんが、最悪、スイッチ無しなら修復できそうですね。

170724_tabletap_broken_10.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .