ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪07月   2017年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
MAKERS BAZAAR OSAKA
 と言うのに行ってきました。
 Ogaki Mini Maker Faire と同じ流れだと思いますが、BAZAARという名前が付いているので、即売会的要素が強いのでしょうかね? 確かにそんな感じもしました。 セミナーや、その場で工作すると言ったものも沢山ありましたが、基本は、長机一つの小ブースで自作品の自慢をすると言う部分は変わりがないように感じました。

 九州ではまだ雨が降り続いているみたいですが、大阪は晴れ上がって、この時期の太陽は強烈な日射しを放って、大変な暑さです。 南港のATCに行くのは久し振りです。 ニュートラムの駅から直通で便利ではあります。 結構広いスペースで、他にも各種のイベントが開催されており、親子連れの人が沢山来られていました。 余りに広いので最初は会場が分かりませんでした。

170709_makers_bazaar_osaka_01.jpg

 やっぱり、大阪で開催されると人出が多いですね。

170709_makers_bazaar_osaka_02.jpg

 3Dプリンタもポピュラーになってきたので、ただ展示するだけでは人目を引かないですね。 今流行のハンドスピナーを3Dプリンタで作るというデモが結構ありましたね。

170709_makers_bazaar_osaka_03.jpg

 こういうのは世の中の役に立って良いですね。

170709_makers_bazaar_osaka_04.jpg

 輪ゴムがまん丸くなって回転しながら飛ぶように工夫されてるらしい。 そのおかげで、7mまでは軽く飛ぶみたい。 実際操作させてもらったが、結構真っ直ぐに長距離飛んでいく見たいです。

170709_makers_bazaar_osaka_05.jpg

 こんなデバイスがあるのは知りませんでした。 単三のサイズに、単四電池とパワー制御回路とブルートゥースが納まるようになっていて、単三電池が入るおもちゃなら、電池の代わりに入れる事でスマホからパワー制御ができるみたい。 なかなか面白そう。

170709_makers_bazaar_osaka_06.jpg

 アイロンビーズというのは、小さなお子さんのいる家庭ならご存じだと思いますが、あれを、機械で配置させるというものです。 あの小さなビーズをつまみ上げて、色を判断して、所定の位置にはめ込んでいく見たいです。

170709_makers_bazaar_osaka_07.jpg

 ビーズをつまみ上げる部分にシャーペンの先っぽを応用したという所がミソかな。 後は普通のXYZ制御ですね。

170709_makers_bazaar_osaka_08.jpg

 パチンコ玉が木製の仕組みの上を転がって行き、最後まで落ちると、また引き上げられて上から落ちていくというピタゴラスイッチ的なやつですね。 見ていると何時までも飽きません。

170709_makers_bazaar_osaka_09.jpg

 ロボットは、各ブース、工夫されたものが、大きいものから小さなものまで沢山ありました。

170709_makers_bazaar_osaka_10.jpg

 ロボットアームの先に毛筆を付けて文字を書くというやつですね。 大阪万博の時に大がかりなロボットアームでやっていた時はビックリしましたが、今や、個人的な趣味の世界でできるようになってしまったのですね。

170709_makers_bazaar_osaka_11.jpg

 これは一台欲しいですね。 ちょっと乗らせてもらいましたが、意外に簡単に操作できます。

170709_makers_bazaar_osaka_12.jpg

 段ボールでここまでやるかというものですね。 貼りつけてあるラベルは値段でしょうか? 結構な値段が付いてますね。

170709_makers_bazaar_osaka_13.jpg

 これは、良いですね。 3Dプリンタができて、こういったものが簡単に作れるようになりましたね。 しかも、困っている人に役立つものだから良いですね。

170709_makers_bazaar_osaka_14.jpg

 実際にやってみないと分かりませんが、これは面白かったです。 こういったものは今までの2次元センサーでは絶対にできませんね。

170709_makers_bazaar_osaka_15.jpg

 音が聞きたかったのですが、製作実演の指導に一生懸命で、デモしてもらえませんでした。 残念。

170709_makers_bazaar_osaka_16.jpg

 これも写真じゃ分かりませんね。 実際に見ると、本当に文字が空間に浮かんでいるように見えます。 2面コーナーリフレクタアレイ(Dihedral Corner Reflector Array: DCRA)と言うものを使っているらしいです。

170709_makers_bazaar_osaka_17.jpg

 これも同じく、文字が空間に浮かんで見えます。

170709_makers_bazaar_osaka_18.jpg

 展示ブースの脇にはセミナーや、実演工作教室的な事もやっていて、そこそこの人の入りでした。 ロボット関係は、お子さんの参加が多かったですね。

170709_makers_bazaar_osaka_19.jpg

 午前中の内に会場に入ったので、まだ、準備中のところもあり、この辺りは、手作り感満載でしたね。 すぐそばがフェリーターミナルで、ちょうど大きなフェリーが留まっていました。

170709_makers_bazaar_osaka_20.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .