ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪09月   2017年10月   11月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
 前回、エラーが出て、サッパリ意味が分からずでしたが、暫く調べていて、やっと分かりました。 上手くビルドできるようになって一安心です。
 これも、説明を良く読めば分かると言う感じなのですが、何せ、説明があちこちに分かれているし、何と言っても英語で記述されているので、一覧性が有りませんよね(私にとってはですが)。 日本語で記述されていると、ざっと見ただけで、何処に何が書いてあるか分かるのですが、何せ、英語の記述だと、一語一語読んでいかないと意味が分かりません。 何というか「俯瞰的」に見るという事がなかなか難しいです。

 と、まあ、自己弁護的な言い訳は置いておいて、こちらの説明に、eclipseでのビルドの方法が記述されていました。 多分HALライブラリ対応になって、この方法になったんじゃないかと想像します。 どうも、DebugLib構成で一度ビルドしてから、Debug構成でビルドしなければ上手く行かないみたいです。

170628_mchf_qrp_transceiver_173.jpg

 と言う事で、ここに記述してある手順通りやってみる事にしました。 まずはmcHF transceiver のサイトからダウンロードしたプロジェクトファイルをインポートします。

170628_mchf_qrp_transceiver_174.jpg

 続いて、DebugLib構成を指定してビルドします。 特にエラー無くビルドが終了します。

170628_mchf_qrp_transceiver_175.jpg

 続いて、Debug構成にしてビルドします。 ちょっと時間が掛かりますが、何とか上手く行っているようです。

170628_mchf_qrp_transceiver_176.jpg

 ビルドが正常終了すると、Debug フォルダに、fw-mchf.binと言うバイナリファイルができています。 これが最終的な実行ファイルみたいです。

170628_mchf_qrp_transceiver_177.jpg

 早速、実機にインストールして実行してみます。 立ち上がり時にバージョン名が出ますが、2.3.9と出ています。 このプロジェクトソースは、githubから落とした最新版なので、mcHF transceiver のホームページにアップされているSnapshotよりもかなり新しいバージョンになっていますね。

170628_mchf_qrp_transceiver_178.jpg

 動作も問題無さそうです。 別に安定版のソースでも良かったのですが、安定版では我が家のハードには対応していないので、やむなくgithubから直接落としてみました。 これで、HAL対応のソースで、JA対応への変更もできそうです。 ざっと見た限り、前にやった変更からかなりソースが変更になって居るみたいですので、また、ソースを眺めなければならないようです。

170628_mchf_qrp_transceiver_179.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .