ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪07月   2017年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
MicroVert
 mcHF Transceiver に釣り合うコンパクトなアンテナを試してみました。
 だいぶ以前に作ったMicroVertと言うアンテナを引っ張り出してきました。 このアンテナ、作っただけで、余り実際には使った事がありませんでした。 これを、二階に上がる階段の吹き抜け部分に設置してみました。

170609_micro_vert_01.jpg

 このMicroVertを、こちらで作ったグラフィック表示タイプのSWRメーターで測定してみました。 意外に綺麗なディップを示していますが、ちょっとディップ周波数が低いような。 1~30MHzのスキャンモードはこういった全体を見る事が出来るので便利ですね。 今までのSWR計では、なかなかこうした感覚で全体をつかむ事は出来ませんでしたからね。

170609_micro_vert_02.jpg

 調整の為に繋げていたラジエターの「ひげ」を取り外してみました。 元々は計算上の長さなんですが、念のため調整用の「ひげ」をけ足していたものです。 試しにこれを取り外して見ました。

170609_micro_vert_03.jpg

 「ひげ」を取り外してスキャンしてみると、ほぼ周波数が合っている感じです。 広範囲のスキャンなので、スキャンのステップが0.3MHzぐらいなので、これより短くすると、高く行きすぎる感じです。

170609_micro_vert_04.jpg

 スキャンの幅を狭くして、6.5MHz~7.5MHzの1MHzでスキャンしてみました。 意外にブロードな特性ですね。 7.010MHzでSWR=1.07はまずまずではないでしょうか。 実際に繋いでみると、屋外に立てているダイポールほどには受信できませんが、それでも、そこそこ受信できています。

170609_micro_vert_05.jpg

 このMicroVert 、ラジエターや共振コイル、カウンターポイズ、それにチョークなどを壁などにくっつけても余り特性は変わりません。 移動時に立木にぶら下げたりなんかしても、意外に使い易いアンテナかも知れません。 後は、アウトドアで、釣り竿なんかを使って高さを稼いで試してみた方がよいのかも知れませんね。

170609_micro_vert_06.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .