ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪09月   2017年10月   11月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
mcHF transceiver・その7・ケース
 mcHF Transceiver のケースですが、eBayに注文していたのが届きました。
 最初は、適当なケースを探して組み込むなり、自分で作って対応するなりしなければならないと思っていたのですが、eBayで専用のケースが販売されているのを見つけました。 汎用のケースと比べても、それ程、高価ではありませんでしたし、見映えの問題もありますので、これを使う事にしました。

 届いた商品は、段ボールに梱包されていましたが、結構、角がへしゃげています。 かなり雑な扱いをされた様な感じですね。 中身は大丈夫でしょうか?

170506_mchf_qrp_transceiver_37.jpg

 eBayに注文したんだけど、運送の追跡では、中国の深圳から発送されています。 中国の会社がeBayに出店していたのでしょうね。 送料が無料でしたけど、結構速く届きました。

170506_mchf_qrp_transceiver_38.jpg

 梱包の段ボールは結構へしゃげて居ましたけど、中身は大丈夫そうでした。 しかし、部材が梱包してあるだけで、なんの説明書もありません。 ビスなどが沢山入っていますが、まずは、組み立て法が良く分かりませんね。 あれこれ合わせてみて何とかこんな感じかなという所まで理解していきます。 まあ、汎用ケースに自分で詰め込む場合でも大変ですので、しょうがないかな?

170506_mchf_qrp_transceiver_39.jpg

 eBayの説明では、V0.6まで対応となっていますが、手元にある基板とはどうしても、穴の位置などが合いません。 ああだこうだと合わせてみて、結局、電解コンの逃げ穴の位置が違っている感じです。

170506_mchf_qrp_transceiver_40.jpg

 結局、この電解コンの逃げ穴を追加で開けて、上手く取り付けできそうになりました。

170506_mchf_qrp_transceiver_41.jpg

 もう一つの問題、ロータリエンコーダに付けるツマミの種類が有っていません。 付属していたツマミはローレット軸対応のものです。 以前のバージョンはこのタイプの軸だったみたいですが、我が家のロータリエンコーダの軸はビスで取り付けるタイプです。 で、結局このツマミ3つは手持ちのツマミで対応する事にしました。 幸い、メインダイアルの大きなツマミはねじ止めタイプのものが入っていたのでそれが使えていますので問題無さそうです。

 結局シールド板の電解コンの逃げ穴の位置一個が違っているのと、ツマミ3個が違っていますが、まあ、メインとなるケースが問題無さそうなので、良しとしましょうか。 クレームを付けても結局は正しいものは入ってこなそうなので、これで良しとします。

170506_mchf_qrp_transceiver_42.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .