ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪05月   2017年06月   07月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
 ちょっと嵌ってしまいましたが、何とかブートローダーをインストールできましたので、引き続きファームウエアをインストールしてみます。
 しかし、ここでも、また、つっかえてしまいました。 ファームウエアをインストールする為には、mcHF Managerと言うのを使わなければならない様なんですが、このmcHF Managerを使う為には専用のドライバをインストールしておかなければならないみたいです。 で、UIボードをBootloaderモードで起動すると、ドライバをインストールする様に促されます。 早速、mcHF Managerに付属しているドライバをインストールしようとしますが、このドライバにデジタル署名がないとメッセージが出て前に進みません。

170430_mchf_qrp_transceiver_20.jpg

 で、ネットで調べると、署名無しのドライバをインストールする手順が説明されていました。 Windows 起動時のオプション設定で、ドライバーのデジタル署名確認を無効にする設定があります。

170430_mchf_qrp_transceiver_21.jpg

 この設定をしてから、もう一度、先ほどのmcHF Manager用のドライバをインストールすると、今度は上手くインストールできました。 そして、デバイスマネージャのCustom USB Devices の項に、mcHF bootloaderと言うのが表示されました。

170430_mchf_qrp_transceiver_22.jpg

 この状態で、mcHF Managerを起動して、Detectボタンをクリックすると、mcHF bootloader が認識されました。 この状態で、予めダウンロードして置いた、mcHFの最新ファームウエアを選択して、Updateをクリックすると、ファームウエアがすんなりとインストールされたようです。

170430_mchf_qrp_transceiver_23.jpg

 ファームウエアが上手くインストールされると、mcHFの液晶パネルに初期メッセージが表示されます。

170430_mchf_qrp_transceiver_24.jpg

 続いて、Sメータやスペクトラムスコープ画面で構成されたmcHFのメイン画面が表示されます。 もちろんRFボードがくっついていませんので、信号は受信されません。 一般のSDRラジオで、パソコン側のSDRソフトだけを動かした状況と同じですね。 信号受信できるのは、RFボードを完成させてからの楽しみです。

170430_mchf_qrp_transceiver_25.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .