ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪07月   2017年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
ESP8266でHTTP通信を試す・その11
 相変わらず、このテーマです。 送るデータが複数の場合を試してみました。
送るデータが複数になる場合はデータの間を「&」で繋げばよいだけみたいです。 POSTリクエストをテストしていたので、そのままPOSTリクエストのデータを修正して試してみます。 まずは例によって、手操作のサーバーで送られるデータを確認します。 こんな感じでよいのかな?

170405_esp8266_http_49.jpg

 サーバーをApacheに替えて、試してみます。 もちろんphpスクリプトも3つのデータを処理できる様に修正しておきます。 POSTリクエストの時と同じように、サーバー側のファイルに読み取ったデータが記録されています。

170405_esp8266_http_50.jpg

 POSTリクエストが上手く行った所で、書き出したファイルを見に行くのが面倒なので、書き出すファイルをhtml形式ではき出す様に修正してみました。 こうしておけば、書き出した内容がブラウザで直ぐに確認する事が出来ます。 ファイルの書き込みも追記でなく上書きにしておけば、アクセスした時のデータを常に表示する事になります。

170405_esp8266_http_51.jpg

 順序が逆になりましたが、GETリクエストで複数データの送出も試してみました。 まずは手操作のサーバーで確認。

170405_esp8266_http_52.jpg

 続いてApacheサーバーで受けてみます。 特に問題なく行けているようです。 GETリクエストとPOSTリクエストを試してみましたが、これぐらいのデータ量ですと、どちらでもかまわない感じですが、データが纏まっているのはPOSTリクエストの方ですかねぇ?

170405_esp8266_http_53.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .