ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪07月   2017年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
ESP8266でHTTP通信を試す・続き
 HTTP通信を試す手段として、Node.jsによるHTTPサーバー以外に、オーソドックスなXAMPP環境を整えておく事にしました。
 HTTP環境は「おうちサーバー」で連続運用中のPCDUINO(Linux)による環境があるのですが、連続運用中なので、気軽にテストすると、操作失敗した時にまずそうなので、もう一つHTTP環境を準備しておく事にしました。 RasPiでも良いのですが、やっぱり、操作性とか考えるとWindows上の方が便利そうなので、メインPCにポピュラーなXAMPP環境をインストールする事にしました。 Apache等を個別に準備するよりも、MySQL、PHP、Perlなども一括でインストールできるので、こちらの方が手軽そうです。

170318_esp8266_http_04.jpg

 インストール時に警告が出て、UACの関係で「Program Files」フォルダではなく、ルートにインストールするか、自分でアクセス権を設定しろと出ていたのですが、無視してインストールしてみたら、やっぱり、上手く起動しません。

170318_esp8266_http_05.jpg

 気を取り直して、一旦、XAMPPを完全アンインストールしてから、ルートフォルダにインストールし直したら、特に問題もなく起動できました。 ドキュメントフォルダの件も有るし、こちらの方がよいかも知れません。 ポートなども問題なく使えているようです。

170318_esp8266_http_06.jpg

 ルートページのアクセスすると、XAMPPの説明ページが表示されています。 ドキュメントルートフォルダを眺めてみると、このメッセージは、index.phpで起動されて居るみたいです。 従来のApacheの起動画面のように「It works!」ではないようです。

170318_esp8266_http_07.jpg

 ドキュメントルートの、index.phpをリネームして、別にindexhtmlを作成し、その中でPHPを起動してみたら、ちゃんと動いているようです。

170318_esp8266_http_08.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .