ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪07月   2017年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
ESP8266でTelnet
 昨日に続いて、今度はTelnetを試してみました。
 こちらも、ネットからサンプルを探して、それを修正して試してみました。

 ああだこうだと触りまくって、やっと動く様になりました。 パソコン側はTeraTermを使い、ESP8266側はArduino IDEのシリアルモニタ画面を使います。 受信した文字はシリアルモニタの画面に表示して、送信する文字は一番上の枠に入れて「送信」ボタンを押す事で送出されます。 なお、送信文字が分かり易くする様に、シリアルモニタにローカルエコーバックを表示する様にスケッチに細工をしています。 これで、TeraTerm とESP8266のシリアルモニタ間で文字の送受信が出来る様になりました。

170314_esp8266_telnet_01.jpg

 パソコンのTeraTerm側の画面です。 表示されている文字はそれぞれ送信または受信された文字です。

170314_esp8266_telnet_02.jpg

 パソコン側のTeraTermの設定はこんな感じです。 ポートはデフォルトで23に設定されます。

170314_esp8266_telnet_03.jpg

 あと、表示を分かり易くする為に改行コードやローカルエコーを設定しておきます。

170314_esp8266_telnet_04.jpg

 一番最初の画面で接続後に文字化けが出ていますが、意味不明です。 バイナリ表示をしてみましたが意味あるコードでは無さそうです。

 まあ、取り敢えず、これで、ESP8266のTelnetで双方向の文字通信が出来そうです。

170314_esp8266_telnet_05.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .