ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪05月   2017年06月   07月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
Munin・半年の記録
 6年目の3/11ですが、まだ、行方不明の方が多く居られる事を思うと心が痛みます。 この時期、TVでも数々の特集が組まれていますが、年月が経っても、あの日の事を忘れずに、日頃から万全の備えをしておく事が大切だと改めて感じます。

 さて、こちらでMuninを動かし出して半年以上が経ちます。 この半年間の記録を眺めてみました。
 Muninは標準で、記録データの一日分、一週間分、一ヶ月分、一年分のグラフを簡単に表示できます。 気温や湿度、大気圧などの観測データは一年周期で変わるデータなので、一年分の記録データを簡単に表示してくれるのは有りがたいですね。 まだ半年のデータなので年間の環境変化の全貌を表示する所までは行きませんが、それでも、半年分のグラフを表示させてみるとなかなか興味深いです。 夏は湿度が高く、冬にかけてグングン湿度が下がっていく様子や、夏の間は比較的低い大気圧なんですが、冬になってくるとかなり気圧の高い日が続く事、あるいは当然のことながら、夏は気温が高く、冬は気温が低いと言うようなことが、実際のグラフとして表示されるのは、なかなか面白い物です。 そして具体的な数値が示されるというのは興味深い物です。

 まだ、半年分しかデータが集まっていませんが、あと半年記録を続ければ一年周期の我が家の環境が分かる様になりますね。

170311_munin_01.jpg
170311_munin_02.jpg

 さて、元々、このセンサーは、ガイガーカウンタに付けていた温度・湿度・大気圧センサーの記録をMuninに取り込ませた物です。 で、本来のガイガーカウンタのCPM(カウント数)はどうなんだろうと見てみましたら、ほぼ一定値を記録しているのですが、途中で段差が付いています。 なんだろうと思って考えてみたら、この時期にガイガーカウンタの置き場所を変えていました。 初めのうちは、ラックの一番上(高さ180cm程)の棚に置いていました。 周りが開けているのでほぼ全方向からの宇宙線がバックグランドになっていたと思います。 ところが、場所の都合で、途中からラックの下の方(高さ50cm程)に移動して置いていたのが、そのまま定位置になってしまっています。 この場所は片側にパソコンが並んでいて、おそらくは片面だけの宇宙線がバックグランドになっている感じです。 HV(ガイガー管の電圧)はそんなに変化していませんので、おそらく置き場所の問題のようです。 こんな事が意外に影響する物なんですね。 短時間の観測では、なかなか明確には分からないものだと思います。

 まあ、いずれにせよ、原発事故後に始めた我が家のガイガーカウンタの観測ですが、この半年程はバックグランドのまま推移しているという事でしょうね。

170311_munin_03.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .