ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪10月   2017年11月   12月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
金熊寺梅林
 泉南の方に出掛ける用事があったので、近くの梅林に寄ってきました。
 本来の用事は短時間で終わったし、天気も良さそうだったので、近くで有名という梅林を見てきました。 南の方だから、もう散り始めかと思ったら、そうでもなく、まだこれからと言う感じでした。 近くでは結構有名な梅林みたいです。 金熊寺(きんゆうじ、きんにゅうじ)というお寺の回りに拡がる梅林です。

170228_kinyuji_bairin_01.jpg

 海岸沿いから少し山間に入った所にある小さな集落の中心に金熊寺があります。 集落の名前も信達金熊寺(しんだちきんゆうじ、しんだちきんにゅうじ)と言うみたいです。 信達神社と金熊寺が隣り合わせに建っており、その回りに拡がった集落みたいです。 梅林は、この神社とお寺が江戸時代初期から積極的に始めた物らしくて、梅の実はこの集落の特産になって居るみたいです。 集落脇のかなり広大な傾斜地が一面の梅林になっています。

170228_kinyuji_bairin_02.jpg

 金熊寺の本堂はなかなか立派な物で、結構、由緒正しい物みたいですが、何度も戦乱にあって消失しては再建されて居るみたいです。

170228_kinyuji_bairin_03.jpg

 鐘楼の大きさが、往年の勢力を感じさせますね。

170228_kinyuji_bairin_04.jpg

 さて、お寺の脇の坂道を上っていくと梅林が拡がっています。 一番高い所に茶店があって、少し広い場所になっていて、ベンチと言うか、番台と言った方がよい様な物が方々に置いてあり、休憩にちょうど良い感じです。 茶店は結構大きくて、広い座敷があって、すき焼きなんかも食べる事が出来るみたいです。

170228_kinyuji_bairin_05.jpg

 丘の上から見下ろすと、一面に梅林が拡がっています。

170228_kinyuji_bairin_06.jpg

 取り敢えずは、近くのベンチで休憩。 結構急な傾斜地なので上ってくるのに息が弾みます。

170228_kinyuji_bairin_07.jpg

 元々、植えた目的が、梅の実を採るのが主目的みたいなので、大阪城公園の様に色々な種類の梅を見るという訳には行きません。 梅の実が付く前の花を見せて、小銭を稼いでいるいう感じですかね? 特に入園料というのはないのですが、駐車場に駐める為に500円徴収されました。

170228_kinyuji_bairin_08.jpg

 余りに広いし、斜面の下の方まで降りていったら、また上がってくるのが大変なので、丘の上の散策路みたいな所を回ってみるだけにしておきました。

170228_kinyuji_bairin_09.jpg

 まだ開ききっていないので、後一週間ぐらい後が良さそうでしたね。

170228_kinyuji_bairin_10.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .