ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪09月   2017年10月   11月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
 こちらの続きです。 センサーとディープスリープ関係のタイミングを見てみました。
 センサーの電源ONのタイミングは、ディープスリープを前提でスケッチを組めばもう少し短く出来そうですが、取り敢えずは、通常のsetupとloopの組み合わせに、ディープスリープを付けただけなので、無駄もあるかも?

170227_barrack_37.jpg

 ディープスリープから復帰して3回 I2Cラインが変化していますが、1回目の変化はbme280.beginによる物、2回目の変化はbme280.setModeによる物、3回目の変化はbme280.getDataに依るものだと思います。

170227_barrack_38.jpg

 I2Cラインの波形はこんな感じですね。 CPUで制御しているので、まあ、こんなものでしょうか? ライブラリの中で操作されています。

170227_barrack_39.jpg

 1分周期で測定した場合の変化はこんな感じで、4つのサーバーにアップしているので、結構時間が掛かっています。 まあ、ここは、短くなる予定ですけど。 これで、大体の感覚がつかめました。

170227_barrack_40.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .