ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪09月   2017年10月   11月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
 こちらの続きです。 残っていたバラックを基板に仕上げてみました。
 Arduino Oscilloscopeはなんとか箱入れまで出来たので、残っていたESP8266関係のバラックを基板に仕上げてみる事にしました。

170218_barrack_13.jpg

 何時も使っている秋月のユニバーサル基板に纏めようかと思いましたが、部品を置いてみると若干大きめで、かなりスペースが空いてしまいます。 もう少し小さめの基板はない物かと漁って居ましたら、Arduino用のユニバーサルシールドがちょうど良い大きさ。 別にArduino 用のシールドにする訳ではありませんが、単なるユニバーサル基板としてこれに組み上げる事にしました。 部品を仮置きして確認しておきます。

170218_barrack_14.jpg

 配線は例によってExcelで作成。 何度か修正して、これでほぼOK。

170218_barrack_15.jpg

 いつもは抵抗やコンデンサのリード線を折り曲げて配線に使えるのですが、今回は抵抗やコンデンサが有りません。 従って、細いケーブルを切って配線するので、結構手間が掛かりました。

170218_barrack_16.jpg

 表側はI2Cのラインを這わせて、裏側はそれと直交する形でESP8266や各センサーへの配線をしました。 まあ、まずまずの仕上がりですかね。

170218_barrack_17.jpg

 誤配線が無い事を確認して、まずはESP8266を接続。 各センサーへのラインを確認してからセンサーを挿してみます。 スケッチはバラックの時のまま書き込まれているので、直ぐに動作し始めました。 取り敢えず、上手く動いていそう。 この状態でスケッチを微修正して、箱入れをするつもりです。

170218_barrack_18.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .