ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪09月   2017年10月   11月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
テスラコイル
 また寒波がやってきて居るみたいで、かなり冷え込んでいます。 こういった寒い日は、暖かい部屋での「ものづくり」をやっているのが最高ですね。 そんなんで、前から興味のあったテスラコイルを作って試してみました。 やはり、予想通り大変興味を引かれる物です。
 展示会などで何度かお目に掛かった事があり、ネットでも沢山の情報が有りますが、その原理からして明確に解明できていない所もあったりして、なかなか興味を引かれる物です。 コイルを巻いて自作してみようかなとか思っていた所に、あのaitendoにキットがあるというので早速手に入れてみました。 まあ、最初はキットの方が手軽で良いかも。 他にも幾つかの所からキットはでている見たいですが、何処も一桁近く値段が高くて気軽には手が出ません。 そこへ行くと、このキットは手頃な値段で取り敢えず動作が確認できるみたいなので、入門にはちょうど都合がよいかも。 オーディオ入力端子も付いていて、音楽などに同期して放電の音色を変える事が出来る様にもなっています。

170208_tesla_coil_01.jpg

 コンパクトなプリント基板上にコイルを立てる様になっていて、部品数も少なく、直ぐに組み上がります。 aitendoのキットは初めて作る様な気がするのですが、説明書もなく、部品が詰まった袋がポンと送られてきただけです。 回路図や部品リストはネットで掲示されている物を自分でダウンロードして理解しなければなりません。 後は基板上のシルク印刷を頼りに組み上げないと駄目なようです。 秋月のキットの様な親切で、必要にして充分な情報が提供される形態とは違って、まあ、中華キットの路線をそのまま踏襲している状況なんですかね? 取り敢えず、今回のキットは部品数も少なく簡単な回路だったので、問題なく組み上がりました。

170208_tesla_coil_02.jpg

 テスト手順も説明されていないので、組み上がった物を何度か見直して間違いのない事を確かめてから電源を入れてみます。 、、、、が、何の変化も起こりません。 まあ、熱くなったり煙が出たりしないので、壊れるモードではないようです。 で、1T(ワンターン)コイルの位置で動作が変わると言う事なので、このコイルの位置を上下にずらしてやったら、かなり下の方の位置で放電が始まりました。 ヨシヨシと言う事で、一安心。 一番放電の強そうなところで、1Tコイルをセロテープで固定しておきます。 コイル先端のリード線にドライバの先端を近づけると至る所で放電が起こります。 あと、長時間通電していると、トランジスタとFETがかなり熱くなりますので、余り長時間の通電はまずそうです。

170208_tesla_coil_03.jpg

 一呼吸して、1Tコイルを幾つか替えて試してみましたが、1Tでも2Tでもあまり変わらないようです。 接続が逆になると全然放電しません。

170208_tesla_coil_04.jpg

 続いて、蛍光灯を近づけてみたら、結構明るく光ります。 かなり広い範囲で反応しますので近くの電界はかなり強い感じですね。

170208_tesla_coil_05.jpg

 ついつい蛍光灯の先端を近づけたくなりますが、別に先端でなくても、近くに置いておけばかなり明るく光ります。

 いやあ、なかなか面白いです。

170208_tesla_coil_06.jpg
コメント
この記事へのコメント
感電はしないが
自分も現在、アイテンドウの「低電圧火花放電キット」を購入して実験しています。

こちらのページに記載のキットも購入していますが先ずは省電力のものからと思っています。

小さな放電が確認出来ます。
放電と同時に少々の「オゾン臭」が感じられます。
http://jikken.jp/tesla/tsl0t.jpg


>命に関わるような感電の危険性
この手の物は「高周波」周波数が高いので感電によるショックは無いと考えて良いと思います。

ただし、触った部分が加熱し小さい部分が焼けて皮膚に小さい穴が開く可能性があります。
皮膚に熱いような感じ、皮膚がこげた臭いがする程度です。

2017/05/05(金) 17:01 | URL | たけぴょん #-[編集]
Re: すごいです
田中さん、コメントありがとうございます。

私は、高圧や感電に関する深い知見を持ち合わせていないので、確定的な事は言えません。
感電に関しての感じ方も人それぞれですし、環境条件に大きく左右されます。
高圧や放電に関する情報、あるいはテスラコイルに関する取り扱い上の注意事項は、それぞれの
専門書、あるいはネット情報など、複数の信頼できる情報で判断される事をお勧めします。
特に身の危険の関する事なので、ご自身で充分に確認されて判断される様におねがいします。
2017/04/21(金) 12:17 | URL | Taka (ja2grc) #-[編集]
すごいです
WEBページを拝見して感動しました。秋葉原に近いので、お店に行って購入しようかと考えています。そこで教えていただきたいのですが、蛍光灯が光るぐらいだからかなりの電圧(電解強度)だと思うのですが、(命に関わるような)感電の危険性はないのでしょうか?操作時はゴム手袋とかはめた方がいいでしょうか?周辺の電子機器への影響はありましたでしょうか?よろしくお願いします。
2017/04/20(木) 21:44 | URL | 田中 #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .