ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪09月   2017年10月   11月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
Raspberry Pi 3・その11・xrdp
 こちらで、上手く設定できたと思ったxrdpですが、キーボードの設定が不十分だったみたいですので、設定し直してみました。
 Windowsnリモートデスクトップからログインしようとすると、上手くログインできません。 どうもパスワードに記号(shift文字)を入れると上手く行かないようです。 「ああ、これはキーマップが上手く設定できていないな」と思って、文字が見える欄にシフト文字(記号)を入れてみましたら、見事に英語キーボードのままです。

170121_raspberry_pi_3_59.jpg

 こちらの日本xrdpユーザー会のページでの説明に依れば、新しいxrdpならばキーマップファイルの事は気にしなくて良いとの話なんですが、現象から見た感じ、キーマップファイルが設定されていない感じです。

170121_raspberry_pi_3_60.jpg

 で、「古いバージョンの xrdp を使う場合のためだけに残している」となっている説明通りに、キーマップファイルを設定してみました。 少なくとも、xrdpをインストールしただけの状態では、日本語用のキーマップファイルは見あたりませんね。

170121_raspberry_pi_3_61.jpg

 キーマップファイルを設定して、再度、Windows のリモートデスクトップからシフト文字(記号)を入力してみましたら、今度はちゃんと日本語キーボードの配列通り入力できます。

170121_raspberry_pi_3_62.jpg

 これで、パスワードに記号のある物でもすんなりと繋がる様になりました。 たかがキーボードのシフト文字の記号の位置が違うだけなんですが、とんでもなく使い辛い物です。 しかし、まあ、何で、日本語キーボードの記号の位置を、わざわざずらしたのでしょうね? (注→: こちらに何故そうなったのか詳しく解説されていました。 今回のTPPに限らず、「途中でハシゴを外される」事って、良くある話なんですね。)

170121_raspberry_pi_3_63.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .