ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪07月   2017年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
伊勢神宮参拝
 一昨日、成人の日に伊勢神宮へ参拝してきました。
 昨年も参拝したのですが、今年も行って来ました。 いつも山歩きしている仲間と連れ立っての参拝です。 今年は祭日しか皆の予定が合わなかったので、混雑覚悟で出掛けたのですが、意外にもスムーズに行けました。 朝早く出掛けたのが良かったのかも知れません。 まだ、陽が昇る前で、暗い内に枚方を出る時は昨日の雨の残りで、時折、霧雨の様な細かい雨が降って居たのですが、途中から青空が見えてきて、良い天気になりました。 伊勢市に着く頃には春の様な暖かさになっていました。 途中の高速道路は一カ所も渋滞無し。 伊勢市の降り口も渋滞無し。 市内に入っても渋滞無しで、9時過ぎには外宮(げくう)の一番近い無料駐車場に駐める事が出来ました。 何カ所か渋滞していて、降り口から駐車場までは渋滞を覚悟していたので、肩すかしを食った気分です。 まあ、天気も良いし、空いているのは、こちらにとっては別に悪くはない訳ですが。

 さて、早速、外宮に参拝します。 外宮の正宮(しょうぐう)までの参道も、参拝客で混雑しているかと思ったら、スイスイと進む事が出来、ラッキーって感じです。 さて外宮の正宮は天照大御神のお食事を司る神であり、衣食住を始め産業の守り神でもある豊受大御神(とようけのおおみかみ)をお祀りして居るんだそうで、正式には豊受大神宮(とようけだいじんぐう)と呼ぶんだそうです。

170111_isejingu_sanpai_01.jpg

 流石に正宮の前は混んでいて行列が出来ています。 でも、まあ、並んでも、直ぐに順番が来るぐらいの列でしたけどね。

170111_isejingu_sanpai_02.jpg

 この外宮の境内には、三つの別宮(べつぐう)が有りますが、それを順番に参拝していきます。 まずは、地主の神である大土乃御祖神(おおつちのみおやのかみ)をお祀りされている土宮(つちのみや)に参拝します。

170111_isejingu_sanpai_03.jpg

 続いて、豊受大御神の「荒御魂(あらみたま)」をお祀りされている多賀宮(たかのみや)に参拝します。 ちょっとした山の頂にあるので「高宮」とも呼ばれているんだそうです。 元旦以来弛んでいた体に、階段の登りが応えます。

170111_isejingu_sanpai_04.jpg

 そして、三つ目の別宮が風宮(かぜのみや)です。 風雨を司る級長津彦命、級長戸辺命(しなつひこのみこと、しなとべのみこと)をお祀りしているそうです。 元寇の際に神風を吹かせた神なんだそうです。

 正宮と三つの別宮はいずれも立派な造りで、それぞれ、遷宮用の場所が隣に確保されています。 先般の遷宮の折に内宮と共に遷宮されたみたいで、全体に真新しい感じがしますね。 我が家の近くにある樟葉の氏神さまである交野天神社の社なんかと比べるのも何なんですが、やっぱり、全然格が違うって感じですね。

170111_isejingu_sanpai_05.jpg

 続いて、外宮と内宮の途中にある猿田彦(さるたひこ)神社に参拝します。 交通安全・方位除けの神社さんだそうです。 自動車用の祈祷口も専用で作られておりました。 元々は神宮に使える神官の自宅にあった屋敷神だったそうですが、明治時代に神官の世襲が廃止された時に独立した神社となったんだそうです。 本殿の造りがちょっと違っていますね。

170111_isejingu_sanpai_06.jpg

 猿田彦神社の境内の端に、佐瑠女(さるめ)神社にも参拝しておきました。 こちらは芸能の神様なんだそうです。 カラオケ上手くなるかな?

170111_isejingu_sanpai_07.jpg

 そして、いよいよ内宮に参拝します。 この頃になると、車も人も増えて、市内の道路は渋滞し始めました。 車を動かすのは面倒そうなので、猿田彦神社の駐車場に置いたまま、歩いていく事にします。 内宮の近くは交通規制が掛かっているので、結局そんなに近くには駐める事は出来ないので、歩く距離は変わらない感じです。 猿田彦神社を出ると直ぐにおかげ横町に出ます。 おかげ横町は、早くも人で一杯です。 ここを突き抜けて、宇治橋を渡って、内宮の境内に入ります。

170111_isejingu_sanpai_08.jpg

 前日、かなり雨が降ったみたいですが、特段のぬかるみもなく、参道の砂利道を進みます。 日射しが気持ちよいです。 かなり着込んできたので、歩いていると暑いぐらいです。

170111_isejingu_sanpai_09.jpg

 手水場の近くに五十鈴川に出る所があります。 昔はここで身を清めていた見たいですね。 今でも手を清めるぐらいは出来ます。

170111_isejingu_sanpai_10.jpg

 内宮はやはり人が多いですね。 御正宮(ごしょうぐう)前の階段から先は撮影禁止です。 取り敢えず、階段の下から一枚。 内宮にはいると、モーニングで正装された方が多くなります。 御正宮の中に入って祈祷していただくには、正装していないと駄目なんだそうで、正装されている方は、御正宮の中まで入られるつもりの方ですね。 我々は軽装ですので、御正宮の外で参拝しておきます。 内宮は正式には皇大神宮(こうたいじんぐう)と呼び、もちろん皇室の御祖神であり、国民の総氏神のように崇められる天照大御神(あまてらしますすめおおみかみ)をお祀りされています。 約2000年前に鎮座されたとの事だそうです。 単に「神宮」と言えば、この皇大神宮の事ですね。 やっぱり、他の神社とは格が違いますし、荘厳な雰囲気を醸し出していますね。

170111_isejingu_sanpai_11.jpg

 続いて内宮境内にある別宮である荒祭宮(あらまつりのみや)に参拝します。 天照大御神の「荒御魂(あらみたま)」をお祀りされて居るんだそうです。

170111_isejingu_sanpai_12.jpg

 これで、沢山あった神社の参拝も終わりです。 戻る途中の内宮の御厩(みうまや)で神馬(しんめ)に会えました。 今まで、何度か来ていますが、神馬に会えたのは初めてです。 今年はツイているかも?

170111_isejingu_sanpai_13.jpg

 さて、再び宇治橋を渡って、おかげ横町に戻ってきました。 ちょうどお昼頃になっていましたが、おかげ横町は人並みで一杯です。 ここでお昼を摂って、その後、ブラブラしてから帰途につきました。 我々の帰り道は渋滞もなくスイスイと帰ってこれましたが、反対車線は大変な渋滞でした。 結構、皆さん、遅くから出てこられるのですね。 今回は早く出掛けたおかげで、全てスムーズに行って、良かったです。

170111_isejingu_sanpai_14.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .