ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪05月   2017年06月   07月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
金木犀の剪定
 今日は天気も良く、気温も上がってきたので、残っていた庭木の剪定を片付けてしまいました。
 朝から雲一つ無く晴れ上がって、気温もグングン上がり、この時期としては気温も高めになってきたので、今年最後の庭仕事のチャンスです。 まあ、別に年を越しても良いのですが、どうせやるなら年内に片付けて置いた方が、気持ちよく新年を迎えられそうなので、途中まで手がけたままになっていた金木犀の剪定をやる事にしました。

161219_kinmokusei_01.jpg

 この金木犀、手前の部分は脚立を使ったり高枝挟みを使ったりして、途中まで刈り込んでいたのですが、随分、背が高くなって脚立に乗っても、一番高い部分まで鋏が届かなくなってしまいました。 特に隣との境の部分は、不安定な脚立の上で、無理して作業して、落っこちたりしたら、えらい事になりますので、どうした物かと考えていた所です。 いずれにしても、歳を取るごとに高所作業が不得手になってきますので、今の内に高く伸びている部分を切り落としておいた方が良さそうです。

161219_kinmokusei_02.jpg

 で、いろいろ考えて、枝の密集している真ん中に潜り込んで、中から高い枝をバッサリと切り落とす作戦で行く事にしました。 金木犀の中の部分は、結構、枝が入り組んでいて密集していますが、枯れている枝も有るみたいなので、ついでに、ここの部分も手前から適当に枝を間引いていって風通しを良くしておく事にしました。 強い木ですので、かなり切り込んでも、来年の夏には新芽が出てくると思います。

161219_kinmokusei_03.jpg

 金木犀の枝は結構硬そうですし、密集している枝の中で思わぬケガをしない様に、防護メガネを掛けて作業する事にします。 切り刻む時に結構な埃も出ますので、埃からの防護も兼ねて安全第一です。

161219_kinmokusei_04.jpg

 半日程掛けて、思い切り刈り込んでみました。 背の高かった真ん中の部分も脚立に乗れば届く様になりました。 真ん中辺りの枯れた枝も全て切り落としてかなり風通しが良くなりました。 取り敢えず、高さをカットして、来年、新芽が出てきてから、全体の形を整える事にします。

161219_kinmokusei_05.jpg

 思い切り刈り込んだ分、切り屑がとんでもなく大量に出ました。 黒鉄黐と山茶花の間のスペースに山積みにしたのですがそれでも足りません。

161219_kinmokusei_06.jpg

 松の木の横のスペースにもうず高く積み上げて、取り敢えず、今年最後の庭木選定は完了です。 明日辺りまで天気が良さそうなので、出来れば、切り屑の片付けも完了させたいですね。

161219_kinmokusei_07.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .