ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪07月   2017年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
洗濯機の交換
 長年使っていた洗濯機が突然おかしくなってしまいました。 修理する事も考えましたが、年数も経っていて全体的に疲労しているので、思い切って買い換える事にしました。
 二三日前に洗濯しようと思ったら(リタイア以後、掃除と洗濯は私の分担になっています)、洗濯機が突然激しく異音を発しています。 慌てて止めたのですが、つい最近まで問題なく動いていた洗濯機が突然の故障みたいです。

161117_sentakuki_koukan_01a.jpg

 洗濯物を放り込んで、水栓を開けて、メニューから「おまかせ」を選択しスタートを押せば、あとは自動的に脱水までやってくれるので、いつもは、セットしたあと洗濯機の前から離れているのですが、今回の異常は、かなりの異音を発しています。 蓋を開けて中を覗いてみたら、水は注入されているのですが、全然水が回っていません。

 ベルトでも緩んだのかなと思って、取り敢えず、一旦、水を抜いて、ひっくり返してみました。 ところが、モーターもベルトも電磁弁なども問題なく動いています。 ベルトの「張り」も問題ないレベルだと思います。 で、もう一度洗濯槽の中を覗いてみたら、パルセーターの動作がおかしな感じです。 パルセーターがしっかり動いていないようです。 時々、空回りしている感じです。 空回りしたタイミングでパルセーターが異音を発して居るみたいです。 どうも、パルセーターの故障みたいですね。

161117_sentakuki_koukan_02.jpg

 この洗濯機、結婚した時に購入した物から数えて二代目です。 一代目も同じタイプの物でしたが、全自動の初期タイプだった為か、あるいは、子供が小さい内で、当時はサラシのおしめで、大変な洗濯の量でしたので、洗濯槽の軸が最初に痛んでしまいました。  一度軸を交換したあと結構使っていましたが、結局、二代目に交換して、その二代目も、もう20年以上になると思います。 製造番号を見ると頭が「791」になっていますので、1979年か、1991年の製造じゃないかと思うのですが、一代目を購入したのが1975年なので、多分、この二代目の製造年は1979年ではなく1991年じゃないかと思います。 そうなるとこの洗濯機は25年使っている事になります。 一代目が16年使ってってるという計算ですね。 二代目は、子供のおしめもなくなって、少し負担が軽くなったのと、全自動タイプも改良されて信頼性が上がっていたんだと思います。 まあ、とにかく、二台で41年間使った勘定です。 今回の故障で、どうもパルセーターの空回りみたいなので、パルセーターを交換すれば当面は復活しそうな感じです。 でも、既にかなりの年数使っていて、脱水時の洗濯槽のダンパーなども、あちこち「へたってきて」いるので、今回パルセーターだけ交換しても、またすぐにどこかが故障しそうな感じです。 そんなんで、今回は、思い切って買い換える事にしました。

161117_sentakuki_koukan_03.jpg

 そんなんで、早速、新しい洗濯機を注文して置いたら、届きました。 従来より少し容量の大きな物になっています。 まあ、基本的な機能は、20年前とあまり変わっていませんね。 20年前に既に基本的な形は出来上がっていたからでしょうか。 ただ、音がものすごく静かになっています。 前の二代目は、洗濯槽のダンパーが傷んでいた事もありますが、そこそこの騒音を発していましたが、流石に今回の洗濯機は嘘の様に静寂です。

 早速テストランで、溜まっていた物を洗濯してみましたが、静かに全工程を終えてしまいましたね。 基本部分は変わらなくても、こうした細かい部分で改良が加えられているのでしょうね。 今回は、突然の出費になりましたが、25年も使えば、「寿命」と考えて納得しないと駄目なんでしょうね。

161117_sentakuki_koukan_04.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .