ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪07月   2017年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
ESP8266・その13・Blynk Graph 続き
 昨日の続きです。 別のグラフを試してみました。
 Widget のタイトルが Histry Graph となっているので、ロガー的な使い方が出来るのかと思って試してみましたが、結論から言うと、こちらのグラフもスマホがスリープしている間はログ出来ない様な感じです。

 こちらのグラフは、直接データを取り込む事は出来ないみたいで、一旦、Value Display 何かを使って取り込んだデータをグラフに表示する物みたいです。 今回のデータ取り込みはLabeled Value と言うのを使ってみました。 こちらの方が、単位など色々装飾を付けられるみたいです。 ESP8266からのデータはV0に書き込まれる様になっているので、これを取り込みます。 データ取り込み周期はとりあえず10秒周期にしておきます。

160913_esp8266_60.jpg

 続いてHistory Graphの設定は、入力の選択以外は特段の物は有りません。 入力欄が4つ有るので、4本までプロットが出来るみたいですね。

160913_esp8266_61.jpg

 さて、これで出来上がった画面がこんな物です。 上が取り込みデータを表示するLabeled Value の枠、下がHistory Graphの表示領域です。 前に使ったグラフよりも少し綺麗な感じです。 枠の下の方にある1h~3mまでの表示は、グラフの横幅を設定する物で、横幅が1時間から3ヶ月まで変えられるようです。

160913_esp8266_62.jpg

 これで、早速グラフが表示される様になりました。 縦軸は自動でスケーリングされるようです。

160913_esp8266_63.jpg

 で、肝心のスマホがスリープモードになった時ですが、やっぱりこちらのグラフも取り込んでいないようです。 データが飛んでしまって直線で結ばれています。 どうも、このBlynkはサーバー側でデータを記憶しているのではなく、スマホで記憶している感じですね。 従って継続的に記録しようとしたら、スマホをずっと入れておかないと駄目な感じです。 しかし、グラフの枠の下の方にある3mって何なんでしょうね? 3ヶ月もスマホを点けっぱなしにするのですかね。 少なくとも、手持ちのスマホはスリープ無しに設定する事は出来ませんでしたけどね。 この辺りはマニュアルも読まずに触っているので何とも言えませんが。

160913_esp8266_64.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .