ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪05月   2017年06月   07月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
ESP8266・その10・別のセンサー
 ESP8266が快調なので、別のセンサーも繋いでみました。
 別のセンサーを繋ぐ前に、消費電流を測ってみました。 スリープ時にはUSB-Serialポート関係のデバイスだけが動いている事になると思います。 USB電流チェッカーは10mA単位までしか測定できない訳ですが、まあ、目安程度の測定です。 動作時には0.06~0.07A程度を表示していますが、スリープ時になりますと、0.00~0.01Aの表示になります。 デューティ比が52%でしたから、0.03A強と言う事でしょうか。 まあ、スリープの効果はそこそこ有ると言う事でしょうね。 実際に使う時には、複数のIoTクラウドサービスを使うようなことはしないと思いますので、この動作電流が流れる時間はもっと短くなるとおもいます。 単純に1/4すれば、平均電流は0.01A以下と言う事でしょうか。 しかし、電池で長時間動作させるとなると、これでも、単三アルカリ電池で一週間程度しか持たない事になり、電池で屋外で長時間動作させるにはもっともっと省電力化が必要だと言う事ですね。

160909_esp8266_45.jpg

 さて、今実験で使っているこのESP8266の実験ボードもカードポイントで入手したのですが、またまた、ポイント切れの連絡メールがありました。 何か、このところ、この手の連絡が多い様な気がします。 期限も迫っているし、そんなに大それた物は入手できないしと言う事でBME280センサー他を入手しました。 日頃から興味はあるので、1個単位では入手するのですが、複数入手するには、ちょっと値段が張ると言う物や、「遊び」で手に入れるには、ちょっとなぁ~と言う微妙なレベルの物も、ポイントで入手となると、何故か気軽に頼む事が出来ます。

 例によって、通販でポチッとして置いたら直ぐに届きました。 I2C接続なので、既存のBMP180と数珠つなぎで直ぐに接続できます。

160909_esp8266_46.jpg

 接続してから16時間程のデータですが、LM61BIZによる温度のデータ、BMP180による温度・気圧のデータ、それに、今回のBME280による温度・湿度・気圧のデータを同じグラフで並べて表示してみました。

 温度に関しては、BMP180とBME280の記録はまずまず一致していますが、LM61BIZのデータが少しかけ離れています。 他の温度計との比較でも、LM61BIZのデータがかけ離れている様に見えます。 変化の傾向は似通っていますので、オフセットの問題かなとも思いますが、LM61BIZには特段設定する様な物は有りません。 規格通りのオフセット(600mV)を設定しているだけなんですが。

 気圧に関しても、BMP180とBME280のデータは、まずまず一致していますね。

 湿度に関しては、他の湿度計との比較では、まずまず、こんな物かなと言う所ですね。

160909_esp8266_47.jpg

 ちょうど手持ちにLM61BIZが他に2個有りましたので、比較してみました。 頭に貼ってあるテープは、区別用の番号を書き込む為のテープです。

160909_esp8266_48.jpg

 ESP8266のアナログ入力は一個しかないので、同時に測定は出来ず、一定時間ごとに差し替えて測定してみました。 結果、3個とも、同じようにずれています。 3個の間で、多少の誤差はありますが、BMP180やBME280の温度データとは、大きくずれています。 まあ、購入したのが同時ですから、同じロットだとは思うのですが、データシートを見る限り、ロット間の誤差もそれ程大きいという訳ではなさそうです。 となると、センサーの問題よりも、測定データの処理に問題が有るのか? ESP8266のA/D変換器は1V-FSの10ビットの筈ですし、電源電圧は3.3Vのレギュレータを使っているので、そんなにずれているとは思えないし、オフセットは600mVで計算しているし。 あと、何だろうな?

160909_esp8266_49.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .