ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪05月   2017年06月   07月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
 ESP8266のファームウエア書き換えにトライしてみました。
 ESP8266を購入した当初は、電源を入れる、あるいは、リセットボタンを押すとATモードになり、ATコマンドを受け付ける様になります。 ところが、こちらで、Lチカとか、SWセンスとか、NTPアプリとか、いわゆるArduino コンパチのスケッチを書き込んだ後は、電源を入れ直したりリセットを押すと、その直前にロードしたArduino スケッチが動き、ATコマンドは受け付けなくなるみたいです。 すなわち、ATモードのプログラムが書き込まれている部分とArduino スケッチが書き込まれている部分とは同じ領域で、上書きされているようです。 従って、一旦、Arduino スケッチを書き込むと、再びATモードに戻る事は出来ないようです。 ATモードに出来る様なArduinoスケッチが公開されて居れば、それをロードすれば良さそうですが、そんな物は公開されていないようです。

 色々調べてみたら、一旦Arduino スケッチを描き込んだESP8266を、出荷時と同じようなATモードで起動する為には、ESP Flash Download Tool と言うものを使って、ESP8266のファームウエアを書き換えてやらねばならないようです。 また、このツールを使って、書き換えるデータそのものは、ESP8266のSDK(Software Development Kit)の中にサンプルコードとしてATモードのプログラムが公開されているようです。 このサンプルコードを修正して独自の物を作成する事も出来るようです。 但し、開発システムはLinux上で動作する物が提供されている様で、実例としては、VirtualBox上にLubuntu をインストールして、この上で開発システムを動かすみたいです。

 なお、メーカー側であらかじめビルドしたバイナリも、このSDKの中で公開されており、自分独自のカスタマイズをしないのであれば、このSDKの中のバイナリを使って、ファームウエアを書き換えれば、メーカーが提供する最新のESP8266用のブートローダとATモードプログラムを書き込む事が出来るようです。

 SDKで提供されるビルド済みのバイナリはSDKの以下のディレクトリに存在するようです。 これは、Windows のままでアクセスできます。

160826_esp8266_16.jpg

 私の場合は特別にオリジナルのファームウエアを作ろうと言う意図はありませんで、メーカー出荷時の状態にしたいだけですから、上記のバイナリのファイル位置をESP Flash Download Tool に設定します。 この設定にはこちらの記事が大いに役に立ちました。 Spi Flash Configの辺りは、こちらで記録して置いた、ブートローダの起動メッセージを参考に、同じ値に設定しました。

 ATモードに戻すだけなので、多分、ブートローダの部分は書き直さなくても良いと思いますが、色々問題が出るとややこしいので、まずは、参考情報の通りに設定してやってみました。

160826_esp8266_17.jpg

 STARTを押すと、メイン画面と同時に表示されているコマンドプロンプト画面で進捗状況が表示されるようです。(まあ、余り意味は分かりませんがね。)

160826_esp8266_18.jpg

 Flash(ファームウエア)の書き込みが完了したので、リセットすると、「おお!」ATモードが復活しました。 当然ながら、バージョンなどは当初の物とは違っていて、SDKで表示されていたバージョンに変わっています。 コンパイル時間が2016.7.19になっていますので、たぶん、これが最新版なのだとおもいます。

160826_esp8266_19.jpg

 ボーレートを変えて、リセット時のメッセージを確認してみますと、ブートローダのバージョンも最新の物に変わっていますね。 たぶん、これで、出荷時のATモードに戻ったと思います。

 まだ、細かい所は不明な所もありますが、とりあえず、これで、Arduino スケッチを書き込んでいる状態からでも、いつでも自由に元のATモードに戻せる事が分かりました。 まあ、ATモードに戻したい場合がどれほどあるかは分かりませんが、いつでも元に戻せると言うだけで安心感は有りますかね。

160826_esp8266_20.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .