ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪07月   2017年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
dump1090・続き
 こちらの続きです。 アンテナが室内では限界が有りそうなので、屋外に出してみました。
 まだまだ、昼間は暑くて「酷暑」が続いていますが、夜はグッと気温が下がる様になって、少し過ごしやすくなってきましたね。 昨日は少しお湿りもあって、かなり乾ききっていた空気も少し落ちついたかなと言う感じですね。 今日も雨雲がやって来ていて、雷も鳴り始めましたが、残念ながら雨が我が家の辺りには降らずにかすめていきました。

 さて、お昼の戦没者追悼の式典にあわせて、1分間の黙祷をしてから、ごそごそと作業を始めました。 ちょっと暑かったですが、外の倉庫の上にアンテナを置いて、短いケーブルを壁の穴に通して取り込むだけの簡単な作業です。 でも、この短い作業をするだけで、汗びっしょりになってしまいました。 やっぱり、昼間はまだまだ暑いですね。 このアンテナベースの裏側はマグネットになっていて、倉庫の天板にピタリとくっつきます。 防水はどうなのか分かりませんが、そんなにたいしたことはなさそうです。 倉庫の天板がちょうどグランドプレーン替わりになって好都合そうな感じです。

160815_dump1090_05.jpg

 壁の穴から部屋に引き込んだケーブルは短いので、壁際にUSBドングルチューナーと、先日、無線LANで纏めたRaspberry Pi Bを置いておきます。 ここから無線LAN で飛ばすつもりです。 この位置で、端末も繋がずに、電源を入れたら自動で立ち上がる様に前回設定してありますので大丈夫だと思います。

160815_dump1090_06.jpg

 Raspberry Pi にUSBドングルチューナーを繋いで、電源を差し込んだら、早速dump1090が動き始めました。 やっぱり外にアンテナを出すと、受信状況が良さそうです。 受信している数が違いますね。 シャックのある部屋が北側にあるので、我が家の北側を飛んでる飛行機の機影の数はそれ程違いませんが、やっぱりよく見てみると屋外のアンテナの方が、東の方は御在所岳辺りを飛んでるのから聞こえ始めています。 しかし、西の方は返って家自体が邪魔になって、むしろ部屋の中からの方が遠くまで捉えていますね。 まあ、これは仕方ないですね。 家の壁の東側にアンテナを置いていますからね。

160815_dump1090_07.jpg

 家の南側を飛んでいる機影になると、その差がより顕著になってきます。

160815_dump1090_08.jpg

 更に別の南側を飛んでいる機影はその差が極端です。 高度が違っているのですかね? 外のアンテナだと、大阪湾から伊勢湾までの間しっかり捉えきっていますね。 屋内アンテナですと、ちょろっと捉えているだけで消えてしまいますので、その差は歴然ですね。 これで、全方位開けている所にアンテナを置けば良いのでしょうが、ケーブルの引き回しをどうするかが問題ですね。

160815_dump1090_09.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .