ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪07月   2017年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
SD card
Raspberry Pi で使っているSD cardですが、同じ容量表示のSD cardでも、実際に書き込める詳細容量はマチマチで有るようです。 これが、時としてややこしい問題を引き起こします。
 最初は、同じ容量の物は同じ銘柄を購入したのですが、その後、先般、その内の1枚が壊れてしまい、慌ててもう1枚買い足したのですが、当然、銘柄が違います。 表示容量は16GBとなっているので、気にも掛けていなかったのですが、これが飛んだ所で、トラブルを引き起こし、随分時間を取られてしまいました。

通常のWindows などで使っている分には、多分、問題は発生しないでしょうが、Raspberry Pi で使う場合は、SD card の中をパーティションで区切って、しかも、Ext4形式でフォーマットして居るみたいです。

160804_sd_card_01.jpg

 こうして、Raspberry Pi 用(linux用)にフォーマットされたSDカードは、通常のWindows ではファイルとして読めないので、バックアップなどは、SDカード丸ごとイメージとしてバックアップする訳ですが、ここで、バックアップしたイメージファイルを見てみますと、その容量が違っています。 同じ16GB表示のSDカードでも、セクタ数が違う様で、微妙にサイズが違います。 手元にあるSDカードでは、350kBほども違っていました。

160804_sd_card_02.jpg

 Windowsのエクスプローラで見てみると、こんな感じで、イメージバックアップしたファイルの容量が違います。

160804_sd_card_03.jpg

 で、我が家の実例の場合は、最初に購入したSDカードの方が容量が小さく、後から追加した代替えのSDカードの方が容量が大きかったので、購入した後、バックアップして置いたイメージファイルを代替えのSDカードにリストアするのは全然、問題がなかった訳です。 ところが、こうしてサイズの違う物からバックアップを取っておいて、たまたま、代替えのSDからバックアップを取っておいたファイルから、最初のSDカードにリストアしようとした時に問題が発生したのです。 イメージバックアップはSDカード全体を書き出している様なので、そこからリストアする時は、バックアップしたイメージファイルファイルと同じか、それよりも大きな容量のSDカードでなくては書き込めないのですね。 それで、スペースが足りないとエラーになってしまいました。 結局、こんな状態になったら、折角バックアップして置いたファイルをリストアする事は出来ず、同じサイズか大きなサイズのSDカードを仕入れてこなければ、リストアも出来ないという事態になってしまうのです。 こういった事態にならない様に、Raspberry Pi で使うSDカードは、同じ銘柄の同じ容量の物で統一していた方が、無駄なトラブルを起こさずに良さそうです。

160804_sd_card_04.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .