ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪07月   2017年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
桂川散歩
 久しぶりの桂川散歩です。
 梅雨も明けて、昼間は強烈な日射しが射して気温はグングン上がっていきます。 特に娘が住んでいる京都はぐるりと山に取り囲まれた盆地になっていて、熱気の逃げ場がありませんので、気温の方も半端無く上がっていきます。 冬は寒く、夏は暑いと言う、盆地の気候そのままを地で行っています。 ただ、そんな中でも、水の近くになる川沿いの散歩道は意外に涼しいです。 水の大きな熱容量が気温上昇を防いでくれて居るのでしょうね。 それに桂川ぐらいの大きな川になると、人家から離れて大きな空間が出来ていますので、エアコンの廃熱による温度上昇からも外れてくるのでしょうね。 更に、だいたいに於いて川に沿って空気が流れる様で、堤防の上を歩いていると、気持ちの良い風が吹いている場合が多いですね。 そんなんで、強い日射しはある物の、桂川の堤防の上まで上ると、風が適度に吹いていて気持ちがよいです。 先般の眼の手術以来、明るい所に出ると、かなり眩しく感じますので、外に出る時はサングラスを掛けて、更に、日傘替わりに傘を差して出掛けます。 最近は男性の日傘も結構売れている様で、使ってみると、これがなかなか具合がよいです。 ゴルフなんかで日傘を使うのは平気なんですが、街中で「男が日傘?」となると、まだ、ちょっと憚られる雰囲気なんですが、最近は、先ほどの眼の件もあって、そんな事を言って居れないので平気で日傘をさしています。

160722_katsuragawa_sanpo_01.jpg

 嵐山の方も気持ちよく晴れています。 もう夕方の5時を回って、陽は西側の松尾山の山並みの方に傾いていますが、まだまだ高い位置にあります。 日傘をさして、遙か向こうに見える松尾大橋までトコトコと歩いていきます。 サイクリングをやっている人、ジョギングをやっている人、ウオーキングをやっている人、それに川辺に座ってお喋りを楽しんでいる人と、沢山の人が、この日射しの中、アウトドアを楽しんでいます。 しばらく梅雨の長雨で外に出る事が出来ませんでしたからね。

160722_katsuragawa_sanpo_02.jpg

 梅雨が明けてしばらく経つので、桂川の流れも落ち着いてきました。 水量はまだ多めですが、静かに流れているようですね。

160722_katsuragawa_sanpo_03.jpg

 そんな、周りの景色を眺めながら歩いていくと、松尾大橋に近付いてきました。 この橋は四条通の一番西の端に当たる所で、松尾大社が四条通の行き止まりになるみたいです。 まあ、松尾大社が京都の西の守り神ですから、そう言う事なんでしょうね。 天神川を渡ってしばらくの所までは、片側二車線の広い通りですが、この辺りは、片側一車線の昔ながらの細い通りになってしまいます。

160722_katsuragawa_sanpo_04.jpg

 松尾大橋をくぐって出た所は、河原が広く開けていて、休みの日には沢山の人が集まってバーベキューなんかを楽しんで賑やかになる所ですが、流石に、平日の暑い日にはバーベキューに集まる人はいませんね。

160722_katsuragawa_sanpo_05.jpg

 川岸にこんな看板が立っていました。 こんな所にも漁協が有るのですね。 釣る魚の種類によって遊漁料が違うみたいです。 雑魚だと、納得の料金ですが、鮎やアマゴではとんでもなく高いですね。 しかし、こんなところで、鮎が釣れるのでしょうかね? ちなみに、保津川漁業協同組合で検索してみましたら、立派なホームページが有りました。 遊漁料に関する考え方なんかも説明されていました。

160722_katsuragawa_sanpo_06.jpg

 松尾大橋で折り返して戻ってくると、途中に支流から流れ込んでくる小さな川の上に変わった物を見つけました。 ホーンが下を向いているので水面を監視しているのでしょうかね? これも、前から気になっていたので、ネットで調べてみたら、やっぱり水位計みたいですね。 電波を使う物や超音波を使う物なんかが有るみたいですが、これは電波を使う物みたいですね。 このサイズから見るとマイクロウエーブを使っているのでしょうね。

160722_katsuragawa_sanpo_07.jpg

 堤防の道沿いには誰かが植えたのか。あるいは、自生しているのか、オシロイバナの群生が綺麗な花を咲かせていました。

160722_katsuragawa_sanpo_08.jpg

 昼顔も可憐な花を咲かせています。

160722_katsuragawa_sanpo_09.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .