FC2ブログ
ブログパーツ
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪10月   2018年11月   12月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
プリンタ・その後
 こちらで導入したプリンタですが、順調に動作している事は動作しているのですが、メーカーが違うだけ有って、微妙に操作法が違います。
 一番、気になるのが「電源ON」の考え方です。 今までのC社製のプリンタには大きな電源ボタンが付いていて、他のパソコン周辺機器と同じように、電源コードを繋いで、スイッチを押せば電源が入り、スイッチをもう一度「長押し」すれば電源が切れていました。 ところが、今回のブラザー製のプリンタは、この電源スイッチの扱いが少し違っているようです。 C社製とは違って、控えめの小さな電源ボタンが付いています。 そして、この電源スイッチがあるのに、電源プラグをコンセントに差し込むと、いきなり電源が入ってしまいます。 まあ、それでも、とりあえず、設定からドライバのインストールまではそのままやってしまったのですが、この電源プラグをコンセントに差し込むと、いきなり電源が入ってしまうと言うのが、奇妙に思っていました。 まあ、コピーやFAXなどの事務機器は確かに電源スイッチが無くて、いきなり電源が入ってしまう物も有りますし、今回のプリンタはコピー機能も有りますから、そんな物なんかなと思っていました。 メーカーもどちらかというと事務機器メーカよりという感じですからね。

 ただ、従来のC社のプリンタを外したコンセントに、そのまま今回のプリンタの電源プラグを差し込みましたので、ちょっと気になる動作をする所が有ります。 それは、我が家のシャックの場合、電源コンセントが、連続運転系と非連続運転系と分かれていて、どちらの系列もマスタースイッチで、一斉に電源をON-OFFすることが出来る様になっています。 そして、連続運転系は、大規模メンテなどの、よっぽどの事がない限りマスタースイッチは入れっぱなしです。 一方、非連続運転系はシャックに向かって作業を始める時にマスタースイッチを入れ、作業が終了してシャックを離れる時はマスタースイッチを切ります。 プリンタは、この非連続運転系の電源コンセントに繋いであり、従来のC社のプリンタの場合は、マスタースイッチをON-OFFしてもなんの問題もなかったのですが、今回のプリンタに替えてから、このマスタースイッチをONする度にプリンタの電源が入ってしまい、ギーコギーコと初期動作をし始めます。

 他の件でバタバタしていたので、そのまま放っておいたのですが、ちょっと時間が出来たので調べてみましたら、どうも、今回の機種では、電源ラインをON-OFFするのはまずいみたいです。 この機種では、電源ラインが繋がれると、初期設定と共に、ヘッドのクリーニング動作が入って、結構なインクを消費するみたいです。 機械的な動作もしますので寿命の点でも不利になるようです。 さらに、この機種の場合、電源を入れてからの時間を計測して、一定時間ごとに自動的にクリーニング動作が行われるみたいで、長時間、電源をOFFにしておくのは、ヘッド詰まりを起こしやすいみたいです。 この辺りの解説が、付属のマニュアルには余り詳しく記述されていません。 ネットで調べると、そういった感じの事が書かれています。 そんなんで、設置してから、かなり時間が経ちましたが、改めて今頃になって、電源プラグを連続運転系のコンセントに差し替えてみました。

160708_printer_trouble_01.jpg

 電源プラグを連続運転系のコンセントに差し替える事により、作業の開始ごとにギーコギーコうなっていた初期動作は無くなりました。 これが、このプリンタの通常の使用方法なんでしょうね。 パソコンからプリント指令を出せば、プリンタは自動起動してちゃんとプリントし始めます。 そして、プリント終了後、しばらくすると、パネルの表示が消えます。 これで、特に問題もなくパソコンからプリンタが操作できます。 しかし、そうなってみると、疑問が残ります。 プリンタの操作パネルに付いている「電源スイッチは何なの?」と言う疑問です。 操作パネルが消えている時に電源スイッチを押せば、操作パネルが表示されて、「電源が入った」様に見えますし、操作パネルが表示されている時に電源スイッチを長押しすれば、操作パネルが消えて「電源が切れた」様に見えます。 でも、通常、パソコンで使っている場合には、電源スイッチは全く使う事はありませんものね。

160708_printer_trouble_02.jpg

 で、付属のマニュアル基本編や、ネットからダウンロード出来るマニュアル応用編を見ていて少しずつ解ってきました。 それに、この機種は複合機で、コピー機能が有りますからね。 パソコン無しでコピーだけする時は、この電源スイッチが必要なんでしょうね。 電源関係の機能もマニュアルを読んでいて少しずつ解ってきました。 電源プラグは繋ぎっぱなしですが、スリープモードや自動電源OFF機能で補っているようですね。

160708_printer_trouble_03.jpg

 実は、この辺りの機能は、解りにくくて、マニュアルにも余り詳しくは書いてありません。 仕様を読んでいて何となく解ってきたのですが、複合機の場合FAXまで付いている機種もあるので、その辺りとの共用機能になっている感じなのですかね。 厳密に言うとスリープモードと電源OFFとは何が違うのか解らない部分も有りますが、まあ、パソコンから使っている分には、余り関係ない様です。

160708_printer_trouble_04.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ.