ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪05月   2017年06月   07月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
Windows10無償アップグレード狂想曲
 7月に入って、Windows 10 への無償アップグレードも今月限りとなってしまいましたが、いよいよ最終月となって、ますますヒートアップするMicrosoft側のキャンペーン攻勢に対して、消費者庁の一撃が効果的でしたね。 少しはクールダウンしたようです。
 私は、元々、Windows Update の設定を「更新プログラムをダウンロードするが、インストールを行うかどうかは選択する」に設定していましたので、勝手にアップグレードされるようなことはなかったのですが、Windows 7や8をインストールしたままで、初期設定のままですと、推奨設定の「更新プログラムを自動的にインストールする」になっており、こうした事態になってしまっていたようです。

 更新プログラムの方も、初期の内は「アップグレードしませんか?」的な表現だったのですが、期限が近付いてくると、「今すぐアップグレードしますか、それとも、後でアップグレードしますか?」的な表現になって、どちらを選択してもアップグレードしてしまうし、アップグレードしないという選択肢が無くなったりしてしまったようです。 そして、更に期限が近付いてくると、ついには、放っておいたら「アップグレードしてしまいました」的な状況になってしまって、物議を醸していたようです。

 Windows10 では動かないアプリなんかを抱えているユーザーも結構な数居る訳で、あまりにユーザーの意向を無視したやり方に、消費者庁も異例の通達を出したりして、対策に乗り出して来た所でした。

160704_windows10_upgrade_01.jpg

 更に、「むやみにアップグレードされて損害を被った」などのアメリカでの訴訟の影響も有ったのでしょうかね、Microsoft側も強硬な姿勢を軟化させてきたようです。 選択画面に、やっと「無償アップグレードを辞退する」が追加されました。

 しかし、こうした対策がされるまでの間に、強制的な自動アップグレードで、Windows 10 のシェアは20%台まで急伸長したようで、ある意味ではMicrosoftの作戦勝ちとでも言えるでしょうか。 でも、まだまだ、Windows 7 のシェアは40%台と圧倒的なシェアで君臨しているようですが。

160704_windows10_upgrade_02.jpg

 でも流石に、転んでもタダでは起きないMicrosoft、「無償アップグレードを辞退する」を選択しても、更に、しつこく尋ねて来ました。 再度、「無償アップグレードを辞退する」を選択してやっと受け付けられます。 しかも、ボタンの位置が前の画面と逆の位置になっています。 まあ、間違いを防ぐという言い分なのでしょうが、なかなか、したたかですね。

160704_windows10_upgrade_03.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .