ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪07月   2017年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
術後検診
 昨日は、時々小雨が降る中、目の手術の術後検診に行ってきました。
 手術直後は、退院直後、一週間後、二週間後と検診があったのですが、その後、一ヶ月後となり、今回は二ヶ月経過後の検診です。 朝一番の検診を予約していましたので、朝早く起きて、病院まで電車で行きました。 目の検査の場合は散瞳検査(眼底検査)をやる場合が有りますので、車や自転車での通院は危険ですので、電車と徒歩で病院まで行きます。

 検査結果は、手術後の炎症もなく、人工レンズも順調に固着しているとの判断で、視力の変動もほぼ安定してきているそうです。 もう、日常生活は通常通りで大丈夫との診断で安心しました。 次は、二ヶ月後の検診で、それで、一連の検診は終わりにしましょうとの事でしたので、あと一回の辛抱ですね。

 ところで、今回も、通常の視力検査のあと、散瞳検査(眼底検査)が有りました。 眼球の内側の状態を検査する為に、瞳孔を開いて中の様子を見るみたいです。

160701_jyutsuo_kensin_01.jpg

 瞳孔を大きくする為に散瞳剤を15分ごとに3回点眼します。 カメラの「絞り」に相当する瞳孔が完全に開いてしまうと、とても眩しくて溜まりません、室内なら、まだマシですが、外に出ると眩しくて目を開けて居れません。 更に、ピントがあわせにくくなり、周りがぼんやりとしてきます。 この状態が3~4時間続き、一番気分が悪いです。

160701_jyutsuo_kensin_02.jpg

 視力測定や眼圧測定に20分程、先生の診察に20分程、待ち時間を合わせて、全体で1時間も掛からずに終了したのですが、終了してからが大変でした。 病院の外に出たとたん、眩しくて仕方がありません。 一応、サングラスを準備してきたのですが、それでも、目を開け続けておくのが辛いぐらいで、時々目を閉じてしまいます。 昨日は、小雨模様で、そんなに太陽の光が強いとは思えない天気だったのですが、それでも溜まりませんでした。 やっとの思いで駅までたどり着いて、建物の中に入ったら少しは緩和されましたが、これは強烈ですね。 歩くのは大変そうだし、危険なので、帰りは電車を降りたあと、バスを使って帰りましたが、それでも、バス停から自宅まで歩いて帰るのが大変でした。 サングラスをしていても眩しくて仕方がありません。 ちょうど散瞳剤が最高に効いている時間だったのでしょうかね。 もうちょっと休憩して帰ってきたら良かったかもしれません。 それに、もっと濃いめのサングラスを準備していかないと、これでは間に合いませんね。

 家に帰って、しばらく休憩して、落ち着いた頃に、「自撮り」してみました。 もう、散瞳剤を点眼してから4時間近く経って居るのですが、まだ、瞳孔は開き気味ですね。 通常は室内でもこの半分ぐらいのサイズになっていますからね。

 まあ、経過も良好で、検査結果も問題なしで良かったのですが、この散瞳検査後の気持ち悪さだけは何ともなりませんね。 あと、二ヶ月後の検査にも、もう一度、散瞳検査があるかもしれませんので、もう少し濃いめのサングラスを準備して置いた方が良さそうです。

160701_jyutsuo_kensin_03.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .