ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪07月   2017年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
BME280 Pressure Sensor
 早速、調達したパーツを試してみました。
 一番興味のあった「本命」のパーツはこれなんですが。 車関係で有名なボッシュ社が作っている気圧センサーです。 以前に試したBMP180と言う気圧センサーもボッシュ社の製品でした。 BMP180は気圧と温度が同時に測定できるセンサーで大変重宝していたのですが、今度のBME280は気圧と温度以外に湿度も同時に測定できる優れものです。 だいたいにおいて、複合機能センサーは単機能センサーに比べて精度の劣る物が多いのですが、このセンサーはスペック上はまずまずの性能を出しています。

 さて、このセンサーをArduino に繋いで、とりあえずの動作確認をしようとしたのですが、ブレッドボードとジャンパー線だけでやろうとしたものの、センサーが付いている小さな基板がブレッドボードに刺さる様になっていません。 一応、ライトアングル型のヘッダーピンは付属しているのですが、別々になっています。 と言うことで、手術後、初めての半田付けをやってみました。 今回の手術で挿入してもらった眼内レンズは、パソコン画面を見る時にちょうど焦点が合う様な眼内レンズを入れてもらいましたので、それ以外は、焦点からずれる程に見にくくなってきます。 従って、手元の細かな作業には、ルーペや拡大鏡が必要になります。 拡大鏡は以前から持っていたのですが、以前はメガネを外せば近くは見えていたので、拡大鏡をいちいち使わずとも、充分に半田付け作業は出来ていたのですが、これからは、この拡大鏡が活躍しそうです。 と言うことで、拡大鏡を使っての半田付け作業、慣れないながらも、色々やってみて、何とか上手く半田付けが出来る様になりました。

160429_bme280_pressure_sensor_01.jpg

 さて、以前から使っているBMP180と、今回手に入れたBME280です。 秋月の基板サイズはBME280の方が少しだけ大きいですが、基板上に載っているセンサーはBME280の方が小さいですね。 BME280の方はチップアドレス切り替え端子を外部に引き出しているので、ピン数が6ピンになっています。

160429_bme280_pressure_sensor_02.jpg

 このセンサーは3.3Vタイプなので、5V系のArduinoに繋ぐにはレベル変換回路が必要になりますが、3.3V系のArduino Due が以前、グラフィックLCDを試す為に手元にありましたので、これを使うことにしました。 レベル変換回路がないと、馬鹿みたいにスッキリした接続になります。 Arduino Due基板辺りがゴチャゴチャしているのは、前に使ったグラフィックLCDと、そのインタフェースがそのまま繋がっているからです。 フラットケーブル保護の為にインタフェースとLCDをテープで固定してあるので、そのままにして使っています。

160429_bme280_pressure_sensor_03.jpg

 で、早速、動かそうとしたら、Aduino IDE がArduino Due を認識しません。 あれっ、以前は認識していたのになと、調べてみたら、Arduino IDE を1.6.0→1.6.7にバージョンアップしていました。 バージョンアップの時に以前のバージョンの削除を要求されるので、その時にこうしたライブラリは引き継がれていないのですかねぇ~。 まあ、とりあえずもう一度インストールして、ちゃんとArduino Due を認識する様になりました。

160429_bme280_pressure_sensor_04.jpg

 実行前に飛んだ手間が掛かりましたが、BME280のテスト自体は難なく動作しました。 単に1秒おきに測定値を表示するスケッチみたいですが、センサーにフ~ッと息を吹きかけると湿度が急激に上昇します。 温度も若干上昇しています。 測定値の上昇や元に戻る速度は結構速いですね。

160429_bme280_pressure_sensor_05.jpg

 別のロガーで記録しているBMP180の記録と比べてみると肝心の気圧はまずまずの一致具合ですね。 温度の方は、測定している位置が違いますので、まあ、こんな物かなと言う感じですね。

160429_bme280_pressure_sensor_06.jpg

 湿度の方も別のセンサーと比べてみると、若干低めに出ていますが、まあ、湿度センサーはもともと誤差が大きいですからこんな物でしょうか。

160429_bme280_pressure_sensor_07.jpg

 アナログ健康メーターの表示との誤差も同じぐらいですね。 まあ、とりあえず、細かい誤差は別にして、データの取り込みは上手く行っている様です。

160429_bme280_pressure_sensor_08.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .