ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪05月   2017年06月   07月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
松の木の剪定
 今日は松の木の上に昇って、高い部分を切り落としたので、日頃使わない筋肉があちこち痛いです。
 昨年、かなり、思い切り、切り込んでスッキリさせた松の木なんですが、女房からまだ大きすぎるとのお達し。 まあ、確かに、上の方までは届きませんね。 それで、上の方を切り落として一段低くしてほしいとのこと。 まあ、これから歳を重ねていくと、高い所に昇るのもきつくなって来るので、低くして置いた方が良いには良いでしょうが。

 昨日の寒さも一段落して、今日は少し暖かさも戻ってきたし、外で活動するのも苦にはならなくなってきましたので、昼食を食べた後に、思い切って、取りかかることにしました。 そう言えば、桜の木も大きく成りすぎているので、花が終わったら切り込まなければならないと思っていましたので、まずは第一弾として松の木の切り込みをやってみます。

160412_matsunoki_sentei_01.jpg

 松の木の太い幹に昇って、一番上の部分をカットするのですが、一段分と言っても、結構、枝を横に大きく拡げていますので、一度にはカットできません。 そのまま切ると、広がった枝が邪魔して、下までおろすことが出来ませんし、第一、重たすぎて、木の上で扱うには危険すぎます。 それに重さで、鋸が挟まって上手く切ることも出来ません。 それで、まずは伸びている枝を一本ずつ切り落として行きます。 伸びた枝が無くなって、真ん中の太い幹になった所で、この幹を切り落とすことにします。

 2時間半程掛かって、小さな鋸でギコギコと切り落としていきます。 それでも太い幹は、重さで鋸が挟まって上手く行きませんので、楔状に切り込みを入れてやっと切り落とすことが出来ました。 ギコギコと鋸をひいた肩の筋肉がかなりこわばっています。 最後に切り落とした中心部の幹の塊は20kg以上もあるのではないかと言う程重たい物でした。 それに、あんまりゆっくり鋸をひいていると、切り口から松ヤニが出てきて余計に鋸をひくのが重くなりますので、ある程度のスピードで切り落として行かなくてはなりません。

160412_matsunoki_sentei_02.jpg

 切り落とした部分です。 一段分切り落としたので、座る場所が無くなってしまいました。 切り口は松ヤニが染み出してきているので、大丈夫だとは思いますが、殺菌や乾燥防止の為、癒合剤を塗り込んでおきます。 

160412_matsunoki_sentei_03a.jpg

 切り落とした切り屑です。 一番大きなT字型の部分が最後にカットした中心部の一番太い所です。 手持ちの小さな鋸で頑張って切り落としました。 ずっしりとした結構な重さです。 こんな物を持って木を下りてくることは危なくて出来ませんので、木の上から投げおろしましたが、ドスンと言う大きな音と地響きがしました。

160412_matsunoki_sentei_04a.jpg

 この太さを、小さな鋸で切り落としたので、結構、疲れました。 木の自重で鋸が挟まってしまうので、楔状に切り込みを入れて、何とか女房殿の要望通り、一段分低く切り落としましたが、流石に汗びっしょりになりました。

160412_matsunoki_sentei_05.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .