ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪06月   2017年07月   08月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
Softrock Lite II 箱入れ
 相変わらず、机の上の整理を兼ねて、置きっぱなしのバラックの箱入れをしています。
 今回箱入れするのは、ホームページで公開している、14MHz-JT65/JT9リアルタイム動画用のSDRです。 調べてみましたら、バラックで運用を始めてからなんと6年半もバラックのまま運用していました。 何というバラック好き!

 バラック運用は、Softrock Lite II にUSBサウンドアダプタを繋ぎ、電源は12VのACアダプタから供給しています。 さすがにむき出しでは危ないので、一応、A4の用紙で絶縁替わりにくるんでいました。 長年の放置で用紙の色が変わり始めています。 今回はこれらを纏めて箱入れするつもりです。 まあ、箱入れと言っても、例のプラケースに入れるだけですがね。 それでも、紙でくるんだだけよりはマシでしょう。 纏めるに当たってはUSBサウンドアダプタを一体化し、電源もUSBの5Vから供給するつもりです。 これで、ANTケーブルとUSBケーブルを繋げば動作するという魂胆です。 USBの5Vはノイズの心配が有りますが、それは繋いで問題があったら、フィルタを入れましょうか。

160309_softrock_lite_01.jpg

 プラケースに入れる前に、Softrock Lite II とサウンドアダプタを一体化する為に小さな基板上に纏めることにします。 今回は生基板を使って見ることにしました。 USBアダプタはノイズを多く出しそうですので、少しでも軽減できるかなとの思いです。 サイズは良く使う蛇の目基板のサイズに合わせます。 これで、ちょうどプラケースに納まります。

160309_softrock_lite_02.jpg

 切り出した生基板に穴開けと、パターンを作成します。 パターンは簡単な物なので、アクリルカッターで銅箔をカットして作成します。 今回、この方法は初めて試してみましたが、意外に簡単に行きました。 まあ、パターンと言っても簡単な物ですからね。 しかし、この加工に一番時間が掛かりました。

160309_softrock_lite_03.jpg

 続いて、USBのメス側コネクタが見あたらないので、古いUSB-HUBから外して調達します。 これは、我が家で一番最初に手に入れたUSB-HUBです。 もう、20年以上も前になるかもしれません。 USB-1.0規格の物で、今や、もう、使うことはありませんね。 しかし、中を明けてみると、なかなかしっかりした作りになっています。 使われている部品もしっかりした物です。 最近のUSB-HUBは安価ですが、使われている部品も、作りも、チャチな物が多いですね。 さて、ここからUSBのメスコネクタを外しておきます。

160309_softrock_lite_04.jpg

 加工した生基板に乗せる各部品を並べてみます。 各部品がぶつかっていないか、ちゃんと実装出来るかを確認しておきます。 さて、ここまで、随分時間が掛かりましたが、やっと配線に入ります。

160309_softrock_lite_05.jpg

 実装と配線は程なく終わりました。 USBサウンドアダプタはUSBコネクタに挿した状態で、タイラップで固定します。 ANT用のBNCコネクタとUSB用のコネクタは、それぞれ、そこそこの力を加えてもぐらつかない程度にしっかり固定されています。

160309_softrock_lite_06.jpg

 Softrock Lite II の電源は、内部のLM78L05を外して、そこにUSBの5Vを直接給電しています。 もしノイズが入る様なら、間にフィルタを入れるつもりです。 その他は特に問題もなく配線を終わりました。

 さて、動作確認なんですが、ここまでで、随分時間が掛かりましたので、机の上を整理して、落ち着いてから手がけることにします。

160309_softrock_lite_07.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .