ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪05月   2017年06月   07月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
CW Decoder・その8
 モニタ用のスピーカを組み込んでみました。
 モニタ用のスピーカとして40mmφ、厚さ10mm程度の物を探していたのですが、国内通販で適当な物を見つけました。 しかし、国内通販の場合は送料が無料という物はまず有りません。 100~200円程度の部品に送料500円程はどう見てもバランス良くありません。 何かのついでに注文するのなら、それはそれで納得できるのですが、あいにく一緒に注文する様な適当な物がありません。 そんなんで、ウジウジしていたら、たまたま家族と一緒に寄った百均で良い物を見つけました。 外形で40mm角程度ですのでちょうど良さそうです。

160216_cw_decoder_26.jpg

 早速、手に入れてバラしてみました。 中には、35mmφ、厚さ9mm程度のスピーカが入っていました。 コーン紙の替わりに透明のプラスティックが使われています。 108円、送料無しで、ちょうど良いサイズのスピーカが手に入りました。 恐るべし百均ですね。

160216_cw_decoder_27.jpg

 取り付け方法が難しそうですが、前面のプラスティックエスカッションを流用すれば何とかなりそうです。 アンプ基板は不要部分をカットして、スピーカに、親亀子亀方式でくっつければ何とか行けそうです。

160216_cw_decoder_28.jpg

 空きスペースやアンプ基板の大きさを眺めて、結局、こんな形で纏めてみました。 アンプ基板はホットボンドでスピーカのプラスティックエスカッションにくっつけてみました。

160216_cw_decoder_29.jpg

 プラケースに入れている CW Decoder の狭い空きスペースに何とか入れ込んでみました。 スピーカのエスカッションをホットボンドでプラケースにくっつければ何とかなりそうです。

160216_cw_decoder_30.jpg

 LCD をくっつけると、こんな感じです。 まあ、何とかまとまった感じです。

160216_cw_decoder_31.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .