ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪09月   2017年10月   11月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
GRITTY
 VE3NEA(Alex Shovkoplyas)が主催する Afreet Software で、GRITTYと言う、RTTY用のフリーソフトが紹介されていました。
 CW Skimmer や Rockey などで有名ですが、その CW Skimmer ライクの画面を持つ、RTTY デコード用のアプリみたいです。 但し、Skimmer ソフトではなくシングルチャネル用のデコーダーです。

 送信は出来ませんが、約3kHzのオーディオ帯域全般にわたって自動的に周波数が切り替わってデコードをしてくれるので、RTTYが良く出ている帯域内のモニターに使えば便利そうです。

160131_gritty_01.jpg

 特段の複雑な設定はなく、一番左上のボタンでサウンドデバイスを選択するだけで動作を始めます。

160131_gritty_02.jpg

 その右に、幾つかボタンがありますが、いずれもクリックするたびにON-OFFするオルタネイト型のボタンです。 周波数自動追尾のボタンを有効にすると、対域内で出ている信号を自動追尾します。 メガネマークのボタンは最新バージョンで追加された機能みたいですが、マニュアルにも詳しく記述されていません。 デコード後のテキストを後処理するとだけ説明されています。

160131_gritty_03.jpg

 デコード中の信号は赤と青のマーカーで信号位置が表示されます。 同時にデコード画面で周波数が表示されます。

 ざっと触ってみた感じはなかなか面白そうな感じです。

160131_gritty_04.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .